トップページ > 妊娠・出産 > 妊婦健診 > 妊婦歯科健康診査

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

妊婦歯科健康診査

ホルモンバランスの変化からお口の中にもトラブルが起きやすい時期です。
妊娠期の歯周病は、赤ちゃんが早産や低体重で生まれるリスクを高める可能性があります。
また、今からむし歯予防に取り組むことは、生後のお子さんのむし歯予防にもつながります。

歯科医院で健診を受けましょう

荒川区では、妊娠の届出後に、区内協力歯科医療機関にて「妊婦歯科健康診査」を受けることができます。
健診は、できるだけ早めに受けましょう。

  • 会場
    「荒川区 歯科健康診査 会場」のステッカーを掲示してある区内の協力歯科医療機関
  • 受診期間
    妊娠期間中に受診してください。出産後は受診できません。
  • 受診方法
    母子手帳交付時に、受診可能な歯科医療機関を掲載した受診券をお渡しします(「母と子の保健バッグ」に同封されています)。直接医療機関に電話等で予約をして受診してください。
  • 持ち物
    受診券・健康保険証・母子手帳

健診内容

口腔内診査(歯や歯肉の検査)、口腔保健指導(歯みがき指導等)

費用

無料
※注釈
健診の結果、必要になった歯科治療については保険診療の扱いとなり有料になります。
治療は、体調や赤ちゃんの発育状況を見ながら、安定期(16週以降)に始めるのが一般的です。

関連情報

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

健康部健康推進課歯科担当

〒116-8507荒川区荒川二丁目11番1号

電話番号:03-3802-3111(内線:423)

ファクス:03-3806-0364

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?