トップページ > 妊娠・出産 > 助成・給付 > 都外の医療機関にて里帰り出産された方へ

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

都外の医療機関にて里帰り出産された方へ

都外の実家等で出産するために、都外の医療機関等で妊婦健康診査や新生児聴覚検査を受診された場合に、その費用の一部を助成します。


お医者さんと妊婦のイラスト

助成対象者

次の条件をすべて満たす方が助成を受けられます。

  1. 受診日において荒川区民であること
  2. 都外の実家等で出産するために、実家等の近隣にある都外の医療機関等で妊婦健診及び新生児聴覚検査を受診していること

助成対象

  • 平成20年4月1日以降に受けた妊婦健康診査(受診票に準じます)
    ※注釈 乳房マッサージ等は対象になりません。
  • 平成31年4月1日以降に受けた新生児聴覚検査(受診票に準じます)

助成内容

以下の回数を上限として、健診等の費用の一部を助成いたします。

  • 妊婦健康診査:14回
  • 超音波検査:1回
  • 子宮頸がん検診:1回
  • 新生児聴覚検査:1回

※注釈1 上限額があります。
※注釈2 上限回数には、東京都内で受診票を使って受診した回数を含みます。(例:東京都内で受診票を使って5回妊婦健診を受診した場合、助成の上限回数は9回となります)

申請期限等

出産日から1年以内
※注釈 まとめて1回のみの申請です。

必要書類等

  1. 申請書兼請求書(健康推進課窓口にあります)
  2. 母子健康手帳(受診日が記載されているもの)
  3. 受診した都外の医療機関または助産所の領収書(原本)
  4. 振込口座を確認できるもの(通帳等)
  5. 使用しなかった妊婦健診受診票
  6. 印鑑(朱肉で押すもの)

ご不明の点はお電話でお問い合わせ下さい。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

健康部健康推進課健康推進係

〒116-8507荒川区荒川二丁目11番1号

電話番号:03-3802-3111(内線:433)

ファクス:03-3806-0364

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?