トップページ > 高齢者 > 高齢者の住まい > 高齢者住宅契約貸主助成事業

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

高齢者住宅契約貸主助成事業

高齢者の方の民間賃貸住宅への入居を支援するため、高齢者の方と新たに賃貸借契約を結んだ貸主の方が、借主の方の万が一に備えて、補償保険(残存家財の片付け費用、葬儀費等を補償する保険)に加入した場合、保険料を補助します。
また、借主の世帯で高齢者みまもりネットワーク事業に登録されていない方は、必ず、登録をしていただきます。

補助の対象となる方

次のすべてに該当する方

  • (1)荒川区内に昭和56年に改正された建築基準法施行令の新耐震基準に適合している物件を所有する方
  • (2)荒川区に1年以上在住している高齢者世帯(※注釈)の方と(1)の物件で賃貸借契約を結んだ貸主の方(※注釈)高齢者世帯とは65歳以上の単身世帯又は、65歳以上の方と60歳以上の配偶者、兄弟姉妹のみの世帯
  • (3)新たに補償保険に加入する貸主の方

助成内容

保険料の実費額を補助します。(一年度一戸当たり15,000円を限度とします。)
高齢者住宅契約貸主助成事業(PDF:44KB)

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

福祉部高齢者福祉課高齢者福祉係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2661)

ファクス:03-3802-3123

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。