トップページ > よくある質問 > 暮らし > 国民健康保険・後期高齢者医療制度 > 退職後、国民健康保険の加入手続をしませんでした。さかのぼって加入・給付を受けることは可能ですか?

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

退職後、国民健康保険の加入手続をしませんでした。さかのぼって加入・給付を受けることは可能ですか?

質問

退職後、国民健康保険の加入手続をしませんでした。さかのぼって加入・給付を受けることは可能ですか?

回答

社会保険を喪失した場合には、喪失後14日以内に国保年金課又は区民事務所に届出をする必要があります。加入する届出が遅れた場合でも、加入する資格(退職した日の翌日)ができた月まで保険料をさかのぼって(最長2年)納めることになります。また、その間にかかった医療費は、届出が遅れた理由がやむを得ない場合を除き、全額自己負担になります。

お問い合わせ

福祉部国保年金課
電話番号:03-3802-3111(内線:2375~2376)
ファクス:03-3802-7297

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?