更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

建設リサイクル法について

住宅やビル、道路などを壊したときに発生する建設廃棄物は、全国で年間約8千万トンにものぼり、その処理をめぐって最終処分場の不足や、不法投棄など、様々な問題が発生しています。
このため、建築物等を解体・新築・増築する業者に対して、その工事で発生する特定建設廃棄物(コンクリート、アスファルト・コンクリート、木材)を分別し、これを再資源化等することを義務付ける、「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」(建設リサイクル法)が平成14年5月30日に施行されました。
この法律により、一定規模以上の建設工事については、特定建設廃棄物を工事現場で分別し、再資源化等することが義務付けられます。
また、対象建設工事の発注者又は自主施工者には、分別解体等の計画を内容とする「届出書」の提出が義務付けられています。

関連情報

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

防災都市づくり部建築指導課建築審査係

〒116-8502荒川区荒川二丁目11番1号(北庁舎3階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2843)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?