更新日:2020年11月20日

ここから本文です。

マンション関連情報

マンション関連情報を掲載していますので、ご活用ください。

住宅宿泊事業(いわゆる民泊)に関する情報

住宅宿泊事業法における住宅宿泊事業の届出受付が、平成30年3月15日から開始され、平成30年6月15日に同法が施行したことから、分譲マンションを含む住宅において、宿泊料を受けて人を宿泊させるいわゆる「民泊」が可能となりました。

分譲マンション等で民泊を実施する場合、宿泊者が出入口や廊下等の共用部分を使用するなど、居住者の住環境に大きな影響が及ぶことが考えられるほか、ゴミ出しや夜間の騒音を巡るトラブルの発生も懸念されます。
こうしたトラブルを未然に防ぐためにも、あらかじめマンション管理組合において民泊を許容するか否かを話し合い、その結果を管理規約に明確化しておくことが必要です。

管理組合として、住宅宿泊事業の可否について、何の意思表示もしていなければ、事業の届出が可能となりますので、住宅宿泊事業を禁止する分譲マンション管理組合におかれましては管理規約の改正など、速やかな対応をお願いします。

なお、東京都のマンションポータルサイトにおいて、民泊に関する情報を掲載していますのでご覧ください。

東京都マンションアドバイザー制度

東京都ではマンションに関するアドバイザーの派遣制度をまとめて「マンションアドバイザーのご案内」を作成しています。
詳細につきましては、東京都のマンションポータルサイトをご覧ください。

マンション管理無料相談

東京都マンション管理士会城北支部ではマンション管理に関する無料相談を実施しています。
詳細につきましては、東京都マンション管理士会城北支部のホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

関連情報サイト

 

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

防災都市づくり部住まい街づくり課住宅係

〒116-8502荒川区荒川二丁目11番1号(北庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2824)

ファクス:03-3802-4104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?