更新日:2022年10月21日

ここから本文です。

学童クラブの保育料

基本月額

児童1人あたり月額4,000円(おやつ代を除きます)
※延長保育料月額1,000円

保育料の減免制度

対象者及び減免率

下記の表に該当する場合は、保育料が減額または免除になります。

保育料の減額または免除
対象者 減免率
(1)生活保護法の規定により保護を受けいている世帯 免除
(2)利用する年度の住民税が非課税の世帯 免除
(3)利用する年度の住民税が均等割のみの世帯 5割減額
(4)学童クラブを同一世帯で2人以上利用している場合の2人目からの児童 5割減額
(5)学童クラブを利用している児童の同一世帯に、学童クラブを利用しない義務教育中の兄弟姉妹がいる場合 2割減額

※住民税による減免は、世帯の中に未申告の方がいる場合は、減額・免除できません。
※住民税額は6月以降に決定するため、住民税による減免が決定するまでは、基本月額の保育料を納付してください。8月以降に還付の手続きをいたします。

申請方法

「学童クラブ保育料減免申請書」(下記からダウンロードもできます)を利用したい年度の前年度の3月31日まで(年度途中で利用を開始する場合はその前月まで)に、各学童クラブまたは区役所児童青少年課に提出してください(郵送でも受け付けています)。住民税による減免の場合で、利用申請時に判断できない場合は、住民税額決定後に提出していただいても構いません。
減免申請書は、児童1人につき1枚提出してください。
なお、住民税による減免には、以下の添付書類が必要な場合があります。

住民税による減免の添付書類

※6月以降に提出してください。

  • 1月1日現在、荒川区外にお住まいの方
    その居住地の区市町村が発行する課税(非課税)証明書
  • 単身赴任、離婚等で税法上の扶養者が区外にお住まいの方
    扶養者がお住いの区市町村が発行する、扶養者の課税(非課税)証明書

保育料の還付

保育料に還付金が生じた場合は「学童クラブ保育料還付申請書」(下記からダウンロードもできます)により、還付の手続きを行ってください。
各学童クラブまたは区役所児童青少年課で、通年受け付けています(郵送でも受け付けています)。

添付ファイル

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

子ども家庭部児童青少年課児童事業係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(内線:3834、3835)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。