更新日:2020年7月2日

ここから本文です。

動物のトラブル

飼い犬が人を咬んだ

咬まれた人の傷口の手当てを行い、医療機関で治療を受けてください。飼い主の方は保健所に届け出る義務があります(24時間以内)。また、獣医師による狂犬病の有無についての検診を受けてください(48時間以内)。

連絡・問合せ

保健所生活衛生課 電話:03-3802-3111(内線:422)

ペットを飼えなくなった

飼い主は動物がその寿命を迎えるまで適切に飼育する責任があります。

新しい飼い主を探し、責任を果たしましょう。

ペットが行方不明になった

すぐに保健所に届け出てください。

警察署で保護されている場合もあるため、最寄りの警察署にも届け出をしてください。

また、動物愛護相談センターに捕獲されている場合もあるので確認してみましょう。

連絡・問合せ

保健所生活衛生課 電話:03-3802-3111(内線:422)
東京都動物愛護相談センター 電話:03-3302-3507

放浪している犬を捕まえた

至急、動物愛護相談センターに連絡をしてください。

連絡・問合せ

東京都動物愛護相談センター 電話:03-3302-3507

犬が死亡した

犬の死亡届を提出してください(電話でも可)。死体の処理については、荒川清掃事務所に依頼するか、民間のペット霊園等にご相談ください。

連絡・問合せ

荒川清掃事務所 電話:03-3892-4671

ケガをした動物を保護した

多くの動物は都市という自然環境の中で生きています。人為的な原因でないと判断されるなら自然の仕組みに委ねるのことも必要です。野鳥の場合は、周囲に親がいる場合があります。安易に手を出さず、見守りましょう。

連絡・問合せ

保健所生活衛生課 電話:03-3802-3111(内線:422)
東京都環境局自然環境部計画課 電話:03-5321-1111

猫に関するトラブル

猫とのつきあい方を考えてみる。

近年ペットとして、あるいは人生の伴侶として猫を飼う人が増えています。
そのためか最近猫に関するトラブルも増えています。フンや尿による悪臭、えさやり、捨てられた子猫など内容は様々です。
これらの中には、人間が原因となっているものがあり、猫だけが悪いわけではありません。
しかし、被害を受けている人にしてみれば、猫は迷惑な存在・・・
こんな問題を少しでも解決するために、猫とのつきあい方を考えてみてください。

都内における猫の現状

猫は登録制でないため、正確な生息頭数は不明です。東京都の調査によると、現在都内にいる猫の数は約116万頭と推計されています。このうち約105万頭が飼い猫で、残りの約11万頭が飼い主のいない猫と推測されています。また、飼われている約105万頭の猫のうち、屋内で飼育されているのは約60万頭で、屋内外もしくは屋外で飼育されているのは約45万頭と推測されています。屋内飼育が普及している一方、屋外に放す過去からの飼育習慣も根強く残っているのが現状です。
荒川区内における猫の生息数については、現在のところ不明です。

猫の飼い方について

猫の飼い方というと、法律のしばりがないと考えている飼い主の方もいるようですが、東京都動物の愛護及び管理に関する条例第8条に「他人に迷惑をかけないよう飼養するよう努めること」と決められています。
感染症や不慮の事故から守るためにも屋内飼養に努め、特に繁殖を希望しない場合は不妊・去勢手術を行いましょう。

荒川区の取り組み

荒川区では、マナープレートや忌避剤(木酢液)のサンプルの無料配付を行っています。
また、悪質な飼い主やえさやりをしている人については、直接指導を行い、飼育方法の改善をお願いしています。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

健康部生活衛生課管理係

〒116-8502荒川区荒川二丁目11番1号

電話番号:03-3802-3111(内線:422)

ファクス:03-3806-2976

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?