トップページ > ペット・動物 > 猫に関する情報 > 飼い猫の不妊去勢手術費用を助成します

更新日:2021年8月2日

ここから本文です。

飼い猫の不妊去勢手術費用を助成します

不幸な飼い主のいない猫が増えている原因の一つに、不妊去勢手術を行っていない飼い猫による屋外での繁殖や家庭からの捨て猫などが考えられます。
屋外の猫の増加を抑制するため、不妊去勢手術を行う飼い主に対してその費用の一部を助成します。

【注意】年度末の申請について

新規申請は、各年度3月31日までの受付となります。

ただし、3月31日までに手術を完了させ、請求書を提出してください。

4月1日以降(新年度)は前年度分の請求書の受付はいたしません。

助成内容、申請方法など

助成対象

不妊去勢手術を受けさせようとする猫を1頭以上、屋内で飼養している区民の方
※注釈1 令和2年度からこれまでの5頭以上という要件を緩和いたしました。
※注釈2 手術を行う前に申請した場合に限ります。

助成額(1頭当たり限度額)

  • メス猫:6,000円
  • オス猫:3,000円

助成予定頭数

  • メス猫:110頭
  • オス猫:90頭

※注釈 助成予定頭数に達し次第終了となります。

申請方法

来所して申請書に記入、提出していただきます。その後の手続きは申請時に説明します。

申請時に持参するもの

  • 印鑑
  • 個人番号カード、運転免許証など飼い主の住所確認ができるもの

※注釈 写真付きでない証明書の場合は、2点の提示をお願いします。

申請場所・問合せ

荒川区保健所生活衛生課(北庁舎1階)

関連PDFファイル

関連情報

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

健康部生活衛生課管理係

〒116-8502荒川区荒川二丁目11番1号

電話番号:03-3802-3111(内線:422)

ファクス:03-3806-2976

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。