トップページ > 健康・医療・衛生 > 感染症 > 鳥インフルエンザに関する情報について

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

鳥インフルエンザに関する情報について

鳥インフルエンザは感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常は人に感染しないと考えられています。死亡している野鳥を見つけても落ち着いて行動していただき、今後の情報にご注意下さい。

死亡している野鳥を見つけたときは

  • 野鳥は環境の変化や餌不足など、病気以外の様々な原因で死亡します。野鳥が死んでいても直ちに鳥インフルエンザのみを疑う必要はないと考えられます。
  • 死亡野鳥は、鳥インフルエンザに限らず他の細菌や寄生虫をもっていることもあるため、素手で触らないようにしてください。
  • タカ類などの猛禽類、ハクチョウやガンの仲間、カモ類、カイツブリ類、ユリカモメが死亡している場合や、同じ場所で複数の野鳥が死亡している場合は、下記「お問い合わせ」先の東京都環境局または荒川区環境課までご連絡ください。
  • 検査優先種となっている野鳥については、下記リンクの「野鳥における高病原性鳥インフルエンザに係る対応技術マニュアル簡易版」を参照してください。

関連情報へのリンク

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

環境清掃部環境課環境推進係

〒116-0002荒川区荒川一丁目53番20号

電話番号:03-3802-3111(内線:482)

ファクス:03-5811-6462

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。