トップページ > 施設案内 > 神社・寺院・文化財 > 尾久地域 > 伏見稲荷 杉野中尉殉難の碑

更新日:2020年6月24日

ここから本文です。

伏見稲荷 杉野中尉殉難の碑

伏見稲荷と杉野中尉殉難の碑

オブジェ(飛行機型)

ここには、杉野中尉殉難の碑があります。
大正6年(1917)、陸軍工兵杉野治義中尉が陸軍野外飛行で下志津(千葉県)から所沢(埼玉県)へ帰航中、突風に襲われて尾久村の水田に墜落し、航空界初期の犠牲者となりました。
明治43年(1910)に徳川好敏大尉が代々木錬兵場で、高度70メートル、距離約3,000メートルのわが国初の飛行を行ってから、7年後のことでした。
この尊い犠牲を忘れないように、追悼の意を込めて石碑等が建てられました。

施設詳細

所在地

荒川区東尾久5-6

電話番号

03-3893-0729

文化財

・杉野中尉殉難遺蹟の碑[区登録]

※一般公開していないものもありますのでご注意ください。(事前に所有者または管理者に連絡を取り、指示に従ってください。)

お問い合わせ

(観光に関して)産業経済部観光振興課観光振興係
〒116−8501 荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)
電話番号:03-3802-3111(内線461)

(文化財に関して)地域文化スポーツ部生涯学習課荒川ふるさと文化館
〒116-0003 荒川区南千住六丁目63番1号
電話番号:03-3807-9234

地図

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?