トップページ > 施設案内 > 神社・寺院・文化財 > 日暮里地域 > 修性院 (しゅしょういん)

更新日:2020年6月23日

ここから本文です。

修性院 (しゅしょういん)

修性院入口

木造布袋尊像

日尾荊山衣さく碑

日蓮宗の寺院です。この辺りは、江戸時代の中頃から「ひぐらしの里」と呼ばれ、江戸近郊の行楽地としてにぎわっていました。修性院は、妙隆寺(修性院に合併)・青雲寺とともに花見寺とも呼ばれています。
浮世絵師・歌川広重の「名所江戸百景」日暮里寺院の林泉は、ここの境内の春景色が描かれています。
また、谷中七福神の一つである「ひぐらしの布袋」が祀られています。
寺の塀には、四季をモチーフにした布袋尊のイラストが描かれており、道行く人々に親しまれています。

施設詳細

所在地

荒川区西日暮里三丁目7番12号

電話番号

03-3823-0873

文化財

・日尾荊山衣さく碑[区登録]
・木造布袋尊像[区指定]
・木造一塔両尊仏坐像付・胎内文書[区登録]
・木造三十番神坐像[区登録]

※一般公開していないものもありますのでご注意ください。(事前に所有者または管理者に連絡を取り、指示に従ってください。)

お問い合わせ

(観光に関して)産業経済部観光振興課観光振興係
〒116−8501 荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)
電話番号:03-3802-3111(内線461)

(文化財に関して)地域文化スポーツ部生涯学習課荒川ふるさと文化館
〒116-0003 荒川区南千住六丁目63番1号
電話番号:03-3807-9234

地図

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?