更新日:2020年6月23日

ここから本文です。

回向院 (えこういん)

観臓記念碑

回向院全景

浄土宗のお寺です。
回向院のあたりは、江戸時代には、小塚原といわれ、品川の鈴ヶ森とともに処刑場があったところです。
寛文7年(1667)に本所の回向院が、牢死者や刑死者等を供養するために、この地に回向院を開創しました。なお、ここより南にある延命寺境内(南千住二丁目34番5号)には、無縁となったこのような人々を供養するために建てられた首切地蔵があります
回向院には、安政の大獄で獄死した吉田松陰や橋本左内らの墓所があります。
また、杉田玄白や前野良沢らがここで刑死者の腑分けに立会い、それをきっかけに「解体新書」を翻訳したと言われています。これを記念して、本堂入口右手に「観臓記念碑」が建てられています。

施設詳細

所在地

荒川区南千住五丁目33番13号

電話番号

03-3801-6962

文化財

・景岳橋本君碑[区登録]
・吉田松陰の墓[区登録]
・橋本左内の墓[区登録]
・頼三樹三郎の墓[区登録]
・小塚原の刑場跡[区指定]
・観臓記念碑[区登録]
・小塚原の首切地蔵[区指定]

※一般公開していないものもありますのでご注意ください。(事前に所有者または管理者に連絡を取り、指示に従ってください。)

お問い合わせ

(観光に関して)産業経済部観光振興課観光振興係
〒116−8501 荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)
電話番号:03-3802-3111(内線461)

(文化財に関して)地域文化スポーツ部生涯学習課荒川ふるさと文化館
〒116-0003 荒川区南千住六丁目63番1号
電話番号:03-3807-9234

地図

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?