更新日:2020年7月1日

ここから本文です。

鳥たちの神話

鳥たちの神話の画像

この作品は平成30年度東京藝術大学卒業・修了制作作品で第13回荒川区長賞を受賞した作品です。制作者は石渡真衣子氏です。

制作者の作品説明
今回、私は「自分を探す」をテーマに制作しました。
雲の上に乗っている子は、私の分身のようなものです。未熟な私が鳥たちに導かれながら、自分を探す旅に出ている姿を表現しました。
また、ここで登場している鳥たちは仏教神話の“浄土の六鳥”をモチーフにしており、仏様が様々な鳥に姿を変えて、この旅の道案内をしてくれています。
社会の中の他人から向けられる目で自分の価値が決まり、本来の自分にしっかりと目を向ける事が出来なくなった時、今まで関わってくれた人たちや、そこでの自分を振り返ることにしました。素直な気持ちで表現することを心がけ、制作しました。そうして、迷子になっていた自分を再確認し、認めることができたような気がしています。
こうした思いを持って制作したこの作品が、荒川区長賞を受賞し、多くの方に今後もみていただけることを、とても光栄に嬉しく思います。

施設詳細

所在地

荒川2-50-1 ゆいの森あらかわ(2階コミュニティブリッジ)

制作者

石渡真衣子

彫刻材料

漆、麻布、スタイロフォーム等

サイズ(mm)

H370×W860×D560mm

地図

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?