更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

生命の夜明け

生命の夜明けの画像

生命の夜明けの画像

この作品は平成28年度東京藝術大学卒業・修了制作作品で第11回荒川区長賞を受賞した作品です。制作者は佐野圭亮氏です。

制作者の作品説明
わたくしの作品のコンセプトは、厳しい自然を生きる生物の本当の姿です。人々は生き物の美しい姿をモチーフとして様々な表現を行ってきました。芸術と生き物、その造形の美しさは切っても切れない関係にあります。
しかし、その美しさとは裏腹に彼らは厳しい環境のもとで命を育み、繋いで行きます。きらめく命が誕生するとともに自然の厳しさの中で死と隣り合わせの生を彼らは宿命付けられます。美白の羽根の真実は自らを守り抜く堅牢な甲冑であり、生きるための機能そのものなのです。輝く命を夜空に光る星々にイメージして蒔絵、螺鈿で、悠然と飛翔する鶴を甲冑を彷彿とした鉄錆の蒔絵で表現しました。また、箱の内側には鶴が飛び立った後の巣に残る残影と朝露を螺鈿、蒔絵で表現し、巣から大空へと飛び立った鶴を箱の内と外という因果に照らし合わせ制作しました。

施設詳細

所在地

荒川2-50-1 ゆいの森あらかわ(4階)

制作者

佐野圭亮

彫刻材料

漆、麻布、金、銀、顔料、黄楊等

サイズ(mm)

H400×W700×D400mm

地図

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?