更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

Joulupukkiの旅

Joulupukkiの旅の画像

Joulupukkiの旅の画像

この作品は平成22年度東京藝術大学卒業・修了制作作品で第5回荒川区長賞を受賞した作品です。制作者は飯田麻里氏です。
Joulupukki(ヨウルプッキ)とはデンマーク語でサンタのこと。クリスマスにはサンタがこのそりにのり、世界中の子どもたちにプレゼントを届けます。

制作者の作品説明
このソリはすべて鉄で出来ており、鉄の板や棒を赤くなるまで熱してハンマーでたたく「鍛造」という技法で形をつくり、溶接によって接合しています。熱することで粘土のようにやわらかくなる鉄は、様々な形に自由に変形します。Joulupukkiとは、フィンランド語でサンタクロースのことです。フィンランドのロヴァ二エミにあるサンタクロースの村では、世界中の子供たちにプレゼントを配るために、妖精たちがおもちゃづくりに奮闘しています。このソリは今、眠ってクリスマスを待っているのです。クリスマスの時期になり、サンタクロースが足をかけると、黒いソリが瞬く間に色づき始め、トナカイとともに空へ走り出します。

※あらかわ遊園内は改装工事中のためオープン後から鑑賞できます。

施設詳細

所在地

西尾久6-35-11 あらかわ遊園内ふれあいハウス前

制作者

飯田麻里

彫刻材料

サイズ(mm)

H1200×W3200×D1100mm

地図

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?