「江戸・TOKYO(とうきょう) 技とテクノの融合展2014」等にMACC会員企業が出展

更新日:2015年3月25日

江戸・TOKYO(とうきょう) 技とテクノの融合展2014

平成26年10月2日(木曜)に、東京国際フォーラムにおいて、「江戸・TOKYO(とうきょう) 技とテクノの融合展2014」が開催されました。このイベントは、東京信用保証協会が主催する展示会で、今回で8回目を数えます。
 当日は、都内中小企業を中心とした300に迫る数のブース展示のほか、講演会等も行われ、多くの人が来場し活気に溢れていました。荒川区内企業は6社が出展しており、その内、MACC会員企業からは、株式会社アートランド(荒川区東日暮里)、株式会社東京ベル製作所(荒川区西尾久)、株式会社増野製作所(荒川区荒川)の3社が出展しました。
 MACC会員企業3社に出展の成果について伺ったところ、「引き合いの話が何件かあった。」「持ってきたパンフレットが全てなくなってしまった。」「安い出展料(30,000円)で多くの方に興味を持ってもらえた。」とのお話があり、大いに成果があった様子が伝わってきました。


「江戸・TOKYO 技とテクノの融合展2014」の様子

国際福祉機器展2014

10月1日から3日間、東京ビッグサイトで「国際福祉機器展2014」が開催されました。
 ここ3年で毎年約1万人程度増加しており、この3日間で約13万人の来場者で賑わいました。
 会場内は、老若男女を問わず多くの来場者であふれ盛況でした。特に今年は車いすでの来場者が多く目についたのが印象的で、企業とユーザーとの距離感が近づいている感がありました。
 また、展示されていた製品やサービスも便利さだけではなくユーザーの快適性をアピールしたものが増えており、新しい車載用車いすの製品を熱心に質問されているユーザーや介助者の姿が印象的でした。
 MACC会員企業では志幸技研工業(株)(荒川区西尾久)が「ネットミル見守りサービス」を展示し、年々高まる見守りサービスの関心から、多くの来場者と商談が行われていました。
当日の模様はこちらから見ることができます。


「国際福祉機器展2014」の様子

経営支援課産業活性化係

  • 〒116-8501
    荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)
  • 電話:03-3802-3111(内線:458)
  • ファックス:03-3803-2333