「あらかわアジアベトナムグローバルセミナー」を開催しました

更新日:2015年3月31日

NPOアジア起業家村推進機構は平成26年8月28日(木曜)、サンパール荒川で「あらかわアジアベトナムグローバルセミナー」を開催しました。
 経済産業省委託事業のブランド育成事業の一環で行われたもので、区でモノづくりの盛んな荒川区、墨田区、大田区を巡回するかたちで、海外市場の需要獲得支援をテーマに開催されました。

副理事長小林一氏の画像
アジア起業家村推進機構 副理事長小林一氏

 荒川区はMACCグローカルビジネス研究会で同機構職員にセミナー講師を務めてもらうなど、かねてから交流があり、今回、後援することとなりました。 冒頭、アジア起業家村推進機構副理事長の小林一氏が「アジア起業家村推進機構は10年前から活動を始めた。本日のセミナーは実際に海外で事業展開されている企業をゲストに招いているので、興味深いお話が聞けると思う」と挨拶。 続いて、来賓の西川太一郎荒川区長が「少子化を踏まえ、海外市場を視野に入れた支援活動を10年前から続けられている慧眼に敬意を表する」と挨拶しました。

西川太一郎荒川区長の画像
来賓挨拶をする 西川太一郎荒川区長

 セミナーは、これから海外展開を狙う荒川区企業と既に現地進出している大田区企業によるパネルディスカッション方式で行われ、荒川区からは能田電気工業株式会社社長の能田浩一氏、電光工業株式会社社長の河邊幸孝氏、大田区からは株式会社並木金型会長の並木正夫氏、株式会社東新製作所社長の石原幸一氏、支援機関の立場から荒川区MACCシニアコーディネータの豊泉光男氏がパネラーとして登壇しました。 日本工業大学大学院教授の横田悦二郎氏がモデレータとなり、ベトナム市場の実情や海外展開する上での留意点などについて語り合いました。


パネルディスカッションの様子

 現地人材の特質や現地への社会的貢献など論点は多岐にわたり、荒川区企業の現場感覚からの素朴な疑問や現地進出している大田区企業ならではの体験談など真剣な議論が交わされ、会場は熱気に包まれました。 最後に名刺交換が行われ、パネラーと参加者の間で交流が図られました。

経営支援課産業活性化係

  • 〒116-8501
    荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)
  • 電話:03-3802-3111(内線:458)
  • ファックス:03-3803-2333