令和元年度高齢者インフルエンザ予防接種のお知らせ

更新日:2019年10月1日

 高齢の方などがインフルエンザの予防接種を受ける際に、費用の一部を助成します。
 インフルエンザワクチンを接種すると、高齢者の肺炎等の重篤な合併症や死亡を予防することができます(約80%の死亡を阻止する効果があったとの報告があります)。
 下記の対象の方は、インフルエンザにかかると重症化しやすく、また、ワクチンの効果が認められています。
 かかりつけの医師とよく相談の上、接種を受けるかどうかを判断してください。

対象者

  1. 令和元年12月31日現在65歳以上の方(昭和30年1月1日までに生まれた方)
  2. 令和元年12月31日現在60歳以上65歳未満の方(昭和30年1月2日から昭和35年1月1日までに生まれた方)で、心臓・腎臓・呼吸器の機能障がい、またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障がいがあり、身体障害者手帳1級または同程度の障がいがある方

接種予診票について

対象者には接種予診票を9月末に郵送しています。
接種予診票が届いていない方や紛失してしまった方などには、郵送またはがん予防・健康づくりセンター2階で配付しますので、お問い合わせください。                                                                                                  

※注釈 荒川区から転出した場合は、荒川区が発行した接種予診票は使えません。

実施期間

令和元年10月1日(火曜)から令和2年1月31日(金曜)まで

※注釈 対象者1に該当する方で現在64歳の方は、65歳の誕生日を迎えてから接種予診票をお使いください。対象者2に該当する方で現在59歳の方は、60歳の誕生日を迎えてから接種予診票をお使いください。誕生日を迎える前に接種した場合は、この制度を利用できません。

自己負担額

2,500円を医療機関にお支払いください。

※注釈 対象者で「生活保護法による被保護世帯の方」または「中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律による支援給付世帯に該当する方」は無料です。

接種方法

 接種予診票を持参して、荒川区が委託した協力医療機関で接種を受けてください。医療機関によっては予約が必要な場合もありますので、あらかじめ電話等で問い合わせのうえ接種を行ってください。また、東京23区内の協力医療機関であれば接種が可能ですので、各医療機関にお問い合わせください。
 接種の助成は1回のみです。

※注釈1 保険証等(住所、氏名、年齢が確認できるもの)を持参してください。
※注釈2 対象者2に該当する方は障害者手帳を持参してください。
※注釈3 生活保護世帯の方及び中国残留邦人等支援給付世帯の方はそれを証明するもの(例:生活保護世帯票)を持参してください。

異なった種類のワクチンを接種する場合

異なった種類のワクチンを接種する場合は、おおむね1週間以上の間隔をおいてから接種してください。どの程度の間隔をおいて接種したらよいかは、主治医にご相談ください。

荒川区内で接種可能な医療機関

関連リンク

インフルエンザに関する厚生労働省のホームページです。

健康推進課

  • 荒川区荒川二丁目11番1号 がん予防・健康づくりセンター2階
  • 電話:03-3802-3111(内線433)