稲荷神社(いなりじんじゃ)

更新日:2020年2月1日

 原稲荷神社と呼ばれています。創祀は未詳ですが、徳川家康の入部に伴って、三河国の農民が町屋に移住してきたときに遡るという伝承があります。
 南千住の素盞雄神社(すさのおじんじゃ)の天王祭の3年に一度の大祭の際に、この神社に本社神輿御旅所が設けられます。
 また、社殿右脇の庚申塔は全国的にも珍しい阿弥陀三尊の線刻が施されています。

所在地: 荒川区町屋二丁目8番7号
連絡先: 03-3891-8281


原稲荷神社社殿


阿弥陀三尊来迎図像庚申塔

文化財

  • 阿弥陀三尊来迎図像庚申塔(正保4年2月吉日銘) [区指定]

観光振興課

  • 〒116-8501
    荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)
  • 電話:03-3802-3111(代表)