このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

尾久八幡公園

更新日:2018年6月1日

この施設の基本情報

施設案内専用分類 公園等 > 公園
施設所在地 西尾久3-6-4
施設電話番号 電話:03-3802-3111 内線2731
アクセス情報 都電荒川線「宮ノ前」下車 徒歩5分
地図 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。地図(外部サイト)

開園年月日:昭和25年10月1日
面積:818平方メートル
公衆トイレ:有(和式)

木登り公園

 尾久八幡神社の裏手にある南北に細長い公園です。公園南側にあるモニュメントが特徴的。このモニュメントは、江戸時代に川から水を引いて米作りをしていた先人の遺業を残したいという地域の子どもたちの願いにより設置されたものです。この辺りにはかつて田畑に水を引く用水路がめぐっていて、尾久八幡神社を囲むようにして隅田川まで注いでいた流路が八幡堀と言われていました。公園の中には、その八幡堀を思わせるせせらぎが流れています。
 園内には木製の大型アスレチックがあります。縄ばしごでやぐらに上がったり、丸太の上を渡り歩いたり、さまざまな遊び方ができます。小さい子が一人で遊ぶことはできませんが、ちょっと高いところに乗せてあげるだけでも子どもには楽しそう。らせん型のすべり台も保護者が付いてあげれば小さい子でも遊べます。もちろん、せせらぎのそばをゆっくり歩くだけでも十分楽しめます。尾久八幡神社のお参りと合わせて、お散歩コースにおすすめです。

モニュメント

 公園南側のせせらぎのスタート地点にあります。江戸時代、この辺りで川から水を引いて米作りをしていたことを後世に形として残すために、八幡堀のあった現在の場所に設置されました。

せせらぎ

 公園の南側から北側へ、敷き詰められた小石の上を水が流れています。水の流れを眺めながら歩くのもいい気持ち。

すべり台

 大きなS字を描くすべり台。階段の上からは公園を一望することができます。保護者が付き添い、途中から滑るようにすれば、小さい子でも遊べます。

木製アスレチック

 周囲の樹木ともなじむ木製のアスレチック。やぐらに上がったり、橋の上を渡ったりして遊べます。小さい子には保護者が付き添いましょう。

尾久八幡神社

 応神天皇を祀る神社で、古くから地域の人々に信仰され、親しまれています。 毎年8月の第一土曜・日曜には例大祭が行われ、大勢の人でにぎわいます。

最寄のあらかわベビーステーション

(西尾久2-25-13)

(西尾久3-12-12)

添付ファイル

園内図のイラスト

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

道路公園課工務係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目11番1号北庁舎2階
電話:03-3802-3111(内線:2731)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る