このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

(2)入選作品(10作品)

更新日:2017年12月4日

入選作品に選ばれた40作品のうち、10作品を紹介します。

杉本 莉菜(すぎもと りな)

水墨画をモチーフにデザインしました。モノトーンで表現された水墨画をろうけつ染めと墨汁染め、手描きで表現しました。素朴さのなかに美しさを持つ日本の女性をリアルクローズで表現しました。

西尾 友里(にしお ゆり)

日が沈みゆくうたかたの美しさからインスピレーションを受け、黄昏(たそがれ)時の空の青みがかった部分と薄く黄みがかった空が混ざりゆく様子を重ね合わせたレースやオーガンジーにより、グラデーションをつけることで表現しました。

堀江 奏奈伶(ほりえ かなれ)

重要無形文化財に指定されている岐阜県の美濃焼の一種である志野焼からインスピレーションを受けデザインしました。志野焼の色味や風合いをテキスタイルに落としこみ、シルエットやディティールでシンプルな中にも動きを加えました。

岳本 彩(たけもと あや)
日本古来からある白装束(しろしょうぞく)。現代ではその服に抵抗を感じているのではと考え、デザインしました。不織布(ふしょくふ)にお経をすべて手書きし、一つ一つ縫っています。それぞれの思いや願いを持ちながら歩く遍路(へんろ)文化に寄り添う、現代の街着を提案します。

于 天任(ゆい てんにん)

日の丸からインスピレーションを受け、めでたさを象徴する伝統色紅白のみで、内に秘める情熱と純粋でストレートな日本の国民性を全面的に表現しました。そして、日の丸をイメージしたドット柄は、集団を重んじ、結束力の強さを表現しました。

藤井(ふじい) ひかり

柔らかな素材や色でふんわりとしつつも、ブラウンの飾り紐でバストやウエストを強調させたフェミニンでナチュラルなドレスに仕上げました。海辺や花畑などの陽の光のもと、女性らしさをアピールしたいシーンに最適です。

堀口 明日香 (ほりぐち あすか)

私は、民族風で街に着て行きたくなるような、可愛らしさや鮮やかな色で明るい印象を受けてもらえるようにイメージして作りました。また、刺繍をしたり、スカートの裾を糸ぬきして、繊維を表現できるように工夫しました。

河村 恵莉菜(かわむら えりな)

社会の組織のルールに雁字搦めにされていた80年代の若者たちのフラストレーションにより生まれたPUNK。自由を求め否定、破壊、構築。廃材をも衣服として身に纏う彼等のスタイルにインスパイアされ、現在の廃材を再構築しました。

とう 明軒(みんけん)

いろんなパーツで組み合わせたワンピースです。そのパーツの中の2枚をポケットとして、機能性を持たせました。細いあざやかな交差しているテープと、太いベルトでシルエットを強調します。普段にも学校にも旅行にもショッピングにもいろんな場面で着られます。

新堀 春佳(にいぼり はるか)

日本庭園の枯山水と英国調チェックを用いて、和洋折衷を意識しました。枯山水の流れをプリーツでよりモダンにし、色は全体的に茶色系で統一し、クラシックに仕上げました。華やかな美しさではなく、静けき穏やかな美しさを追求しました。

お問い合わせ

日暮里繊維街活性化ファッションショー実行委員会事務局
東京都荒川区荒川2-2-3(荒川区役所産業経済部産業振興課商業振興係 内)
電話:03-3802-3111(内線468)
ファクス:03-3803-2333

本文ここまで

サブナビゲーションここから

最終審査結果

  • 観光情報あらかわカラカルト
  • 施設案内

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る