このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

最終審査結果

受賞作品

グランプリ(経済産業大臣賞)

太田 美咲(おおた みさき)

アールヌーボーからインスピレーションを受けデザイン。植物の流動的でしなやかな動きをオリジナルの刺繍柄で表現しました。素材に綿を使用することで軽やかさを、全面にあしらわれた大胆な刺繍柄で特別感を演出しました。

荒川区長賞

加藤 万結(かとう まゆ)

皮と皮を糸で編みつなげたドレスです。皮の布帛(ふはく)としてだけではない、布の意外な使い方と組み合わせに注目していただきたいです。パーティーなどの華やかな場面で着られるようなドレッシーかつセクシーなデザインにしました。

独立行政法人中小企業基盤整備機構理事長賞

伊藤 香苗(いとう かなえ)

江戸から続く切り絵。紙とハサミで様々な形を切り抜く日本伝統文化を手織りで表現しました。切り抜かれた部分を経糸のみで表し、透けさせたボーダー柄で衣服を提案します。

東京都産業労働局長賞

表 雅大(おもて まさひろ)

人混みにそっと紛れる。シャイな私は人の迷彩を纏い、身をゆだねました。刺繍による糸密度の調整とカットワークを組み合わせ、街中に紛れ込む、目立ちたくないけどお洒落がしたい日本人の気質に照らし合わせた、シャイな私達の衣服の提案です。

東京商工会議所荒川支部会長賞

佐藤 萌(さとう もえ)

メインテーマであるファッションチャレンジ着せたい街着に合わせてベーシックなチェック柄をパターンONパターンで構成し、リアルで着れる服を提案しました。

公益財団法人荒川区芸術文化振興財団理事長賞

TRAN THI MINE HIEN(とらん てぃー みん ひえん)

日本の昔からある仕事着である野良着からインスピレーションを得てデザインしました。機能的な動きやすさを優先しビッグシルエットとプリーツを使用することによって現代風の若々しさと新しさを表現しました。

東京日暮里繊維卸協同組合理事長賞

村山 大介(むらやま だいすけ)

ミステリアスな女性に送る戦闘服をテーマにニードルパンチ、墨染を使い、何かに感染する感覚を持たせました。さらに布帛(ふはく)からニットへグラデーションするファブリックを開発。秋冬シーズンに活躍するコートを作りました。

ブラザー販売株式会社賞

八木 玲音(やぎ れお)

息苦しくしているのは「社会」か「自分」か。否定を気にして自らを封印し可能性を潰している人へ。自由で可能性に満ち溢れている女性の美しさを魅せ、自分の殻を破り、雑踏にまぎれる事なく力強く歩いて欲しいと思い制作しました。

蛇の目ミシン工業株式会社賞

Alexandra Kustvall Larsson(あれくさんどら くすとばる らーしょん)

フォークロアの伝統的なハンディクラフトをコンセプトに、伝統的なニットの編み地、オリジナルでデザインしたプリントを組み合わせました。友達と一緒にお茶をしたり、出かける時に、着ている人も見ている人も楽しめるデザインです。

株式会社ベビーロック賞

本橋 萌花(もとはし もえか)

いつか娘・孫にと箪笥に眠ったままの着物を見て勿体無いと感じた事から、古い着物を現代の服に作り変えられたらと思いデザインしました。古着の着物を解き表裏に刺し子を施し、ストリートを意識したボリューム感にこだわりました。

お問い合わせ
日暮里繊維街活性化ファッションショー実行委員会事務局
東京都荒川区荒川2-2-3(荒川区役所産業経済部産業振興課商業振興係 内)
電話:03-3802-3111(内線468)
ファクス:03-3803-2333

本文ここまで

サブナビゲーションここから
  • 観光情報あらかわカラカルト
  • 施設案内

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る