このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

最終審査結果

受賞作品

グランプリ(経済産業大臣賞)

太田 美咲(おおた みさき)
刺し子を全て手描きで表現しました。刺繍ではなく手描きにすることでフラットな仕上がりとなり、軽く着心地の良い服にしました。シンプルなデザインと効果的な配色によって、おしゃれなリアルクローズにしました。究極のミニマリズムを追求しました。

荒川区長賞

小嶋 真実(こじま まみ)
テーマは朝から晩まで仕事をこなす女性たちの戦闘服です。ジャケットの打ち合わせをメンズの仕立てにし、力強さを表現しました。折り紙の模様を参考に、それとは全く異なった印象に配置しました。寒い朝、仕事に取り掛かるのが億劫になる時には気分が上がる模様に身をつつみ、自分に自信が持てるニットのセットアップで出かけましょう。

独立行政法人中小企業基盤整備機構理事長賞

表 雅大(おもて まさひろ)
ランダムな織りに配置された顔のアートに新しさを感じ、それを伝統の織りにプリントし、現代的なタウンウェアを表現しました。今回の顔のモデルは友達にしてもらい、普段の何気ないものと別の要素を組み合わせることで新しさを表現しました。

東京都産業労働局長賞

小松 遥(こまつ はるか)
日本人の多くは「折り鶴」を折ったことがあります。その「折り鶴」の展開図をモチーフに、テキスタイルをデザインしました。世の女性に「自分らしく羽ばたいてほしい」という願いをこめ、制作しました。

東京商工会議所荒川支部会長賞

Alexandra Kustvall Larsson(あれくさんどら くすとばる らーしょん)
茶道の茶筅からインスピレーションを得たデザインです。女性らしいシルエットに加え、今シーズン流行のオフショルダーを取り入れました。様々な素材を用いてフリンジとフリルを作り茶筅を表現しました。

公益財団法人荒川区芸術文化振興財団理事長賞

李 燦雨(い ちゃんう)
八咫烏は日本神話において神武天皇を大和国へ案内したとされており、導きの神として信仰されています。八咫烏の三本足を三角形で表現し、それを無数に重ねて八咫烏の神聖なる美しさをリアルクローズで表現しました。

東京日暮里繊維卸協同組合理事長賞

村井 比佳留(むらい ひかる)
規則正しく編んだ面ファスナー。そこにファスナーを編み込み変化を加えました。そのファスナーが見いだすのは新たな規則性か・・・乱れか・・・

協賛企業賞(蛇の目ミシン工業株式会社)

佐久間 詩織(さくま しおり)
素材に蓄光の糸を使い、日本のテクノロジーを表現し、それにより浮かび上がるのは日本古来の亀甲模様をイメージし手作業で制作したモチーフです。日本の美意識や伝統技術と新しい技術がお互いを高め合い、良い関係が続く事を願い制作しました。

協賛企業賞(ブラザー販売株式会社)

笹谷 芽生(ささや めい)
「電波」をテーマに個々の内に秘められた思考や妄想を表現する服をデザインしました。合皮を立体的に利用することで存在感を出しました。シーンイメージは個性をアピールする、休日やライブなどの場面です。

佳作

後藤 弘樹(ごとう ひろき)
Glich(ぐりっち)」とはコンピューターに生じるエラーやノイズを意味しています。この制御不能な偶然の現象は、新たなアートになると考え、服に落とし込みました。ノイズを昇華プリントと刺繍で表現しました。

佳作

松山 航大(まつやま こうだい)
江戸時代の奇才絵師、伊藤若冲。彼の立体的に見える技法「升目描き」から着想を得て、アート性と機能性を兼ね備えた新たなスポーティファッションを提案します。

佳作

渡邉 毬乃(わたなべ まりの)
「段瀑」 何段にも重なり落ちていく袋田の滝の美しさをニットで表現しました。岩壁を流れる白糸のようになめらかな水を、ラメ糸を用いて編んでいき、さらにその編地を交互に配置して縫製することで表現しました。

お問い合わせ

日暮里繊維街活性化ファッションショー実行委員会事務局
東京都荒川区荒川2-2-3(荒川区役所産業経済部産業振興課商業振興係 内)
電話:03-3802-3111(内線468)
ファクス:03-3803-2333

本文ここまで

サブナビゲーションここから
  • 観光情報あらかわカラカルト
  • 施設案内

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る