このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

東日暮里二丁目障がい者グループホーム等整備事業者の選定結果について

更新日:2017年6月16日

荒川区では、引き続き障がい者が住みなれた地域で安心して暮らすことができるよう、新たに東日暮里二丁目区有地に障がい者グループホームを整備することとし、法人立グループホーム整備・運営する事業者をプロポーザル方式により公募しました。選定結果は以下のとおりです。

選定事業者

法人名  一般社団法人オフィスサプライ
所在地  荒川区西尾久5丁目20番18号
代表者  釜石 和幸

選定の経緯等

経緯

審査を適正かつ公平に実施するため、東日暮里二丁目障害者グループホーム等整備事業者選定委員会を設置し、選定を行いました。

平成28年
9月9日 第1回選定委員会(公募要項、評価項目、評価基準等を決定)
9月14日 公募開始
10月5日 応募締切
12月9日 第2回選定委員会(応募がなかったため、公募要項の一部変更を検討)
12月28日 再公募開始
平成29年 
1月18日 応募締切
2月20日 第3回選定委員会(書類審査)
2月24日 第4回選定委員会(運営施設視察及びヒアリング)
3月13日 第5回選定委員会(候補事業者の審査)
3月29日 第6回選定委員会(候補事業者の選定)

応募者

2法人(うち1法人は応募後に辞退)

審査項目

事業者の概要・実績等6項目、計画概要・施設整備計画6項目、事業計画12項目、経営管理4項目  計28項目

評価のポイント

  選定委員会では、次の3点が評価されました。
(1) 主要事業・同種類似事業の実績

  • 区内2ヵ所でグループホームを運営し、精神障がい者・知的障がい者を主として受け入れているほか、北海道及び区内で、複数の障がい者就労支援事業所(作業所)の運営実績があること。

(2) 施設の運営方針

  • 利用者第一の方針、職員と利用者・家族とのコミュニケーションを重視していること。

(3) 地域交流・災害対策

  • 地域行事及び町会が実施する防災訓練への参加等、平素から地域住民と積極的にコミュニケーションを図りながら災害への対応力を高めていく意向や、グループホーム内に設ける会議室を、地域との交流や災害対策の話し合いの場としても活用していく計画であること。

選定委員

副区長(委員長)、学識経験者1名(外部委員・副委員長)、福祉部長、総務企画部企画担当課長、財務専門家1名(外部委員)、民生委員1名(外部委員)、障がい者団体2名(外部委員) 計8名

お問い合わせ

福祉部障害者福祉課庶務係
荒川区荒川二丁目2番3号 
電話:03-3802-3111(内線:2681)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

事業者向けプロポーザル

  • 観光情報あらかわカラカルト
  • 施設案内

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る