このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

荒川五丁目賃貸物件による私立認可保育所整備及び運営事業者の公募結果について

更新日:2019年4月12日

 荒川区では、子育て世代が安心して子どもを生み育てられるまちの実現を目指し、様々な子育て支援事業を実施し、子育て環境の充実に努めています。
 特に、共働き世代の増加等に伴い発生している保育所待機児童の解消を図るため、保育所の整備に全力で取り組んでおります。
 ついては、増大し多様化する保育ニーズに対応し、保育事業のより一層の充実を図るため、平成32年4月開設に向けて、区が指定する物件を借り受け、私立認可保育所を整備・運営する事業者(以下、「事業者」という。)をプロポーザル方式により公募しました。
 

選定事業者

事業者名 社会福祉法人春和会
所在地 江戸川区東小松川一丁目5番4号
代表者 理事長 岡本 和久

選定の経緯等

経緯

 審査を公平かつ適正に実施するため、荒川区賃貸物件による私立認可保育所整備及び運営事業者選定委員会を設置し、選定しました。
      
平成31年
1月18日 第1回選定委員会(公募要項、評価項目、評価基準等を決定)
1月23日 公募開始
2月12日 公募受付締切【6事業者応募(うち1事業者は提案書提出期限前に辞退)】
3月15日から19日 第2回選定委員会(現地視察)
3月22日 第一次審査(書類審査)にて3事業者選定
3月26日 第3回選定委員会及び第二次審査(プレゼンテーション及び候補者選定)

評価のポイント

選定事業者については、次の3点で特に高い評価を得ました。
(1)特別支援児保育の事業実施の考え方や実績

  • 系列グループに医療法人があることから、既存園で医療的ケア児の受け入れを行っており、特別支援児保育に対して熱意をもって取り組んでいる。
  • 特別支援児の受入れを積極的に行っており、気になる子を含め、関係機関と連携し、適切に対応できる体制となっている。

(2)地域との交流や活動等についての取組み

  • 既存園では、地域住民に向けた健康増進のための介護予防教室や子育てセミナー等を行っており、今回の限られたスペースでも実施を予定するなど、積極的に地域と交流を図る意向を持っている。
  • 今回、保育園を整備、運営する朝日信用金庫とも積極的に協働し、信用金庫の顧客を対象としたセミナー等を行うなど、信用金庫とも積極的な連携を図る提案となっている。

(3) 子どもの健康管理

  • 系列グループのクリニックとの連携により、けがや急病への対応が迅速に相談、対応できるほか、日常の相談なども行える体制となっている。
  • 子どもの健康管理を含め、職員の情報共有にグループウェアを導入するなど、効率的、効果的な健康管理を行っている。

選定委員会委員

委員長 副区長
副委員長 子育て支援部長
委員 総務企画部企画担当課長、区立保育園園長
外部委員 学識経験者、財務専門家  計6名

お問い合わせ

保育課保育管理係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)
電話:03-3802-3111(内線:3821)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

事業者向けプロポーザル

  • 観光情報あらかわカラカルト
  • 施設案内

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る