このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

経験者採用制度

更新日:2019年6月20日

経験者採用試験・選考の概要、採用後の昇任制度

 荒川区では、民間企業等で培った有用な経験を有する方を、即戦力として区政に活かすことを目的に、平成20年度より経験者採用を行っています。(採用試験・選考は、特別区人事委員会が23区の職員を統一して選考するために実施します。詳細は、特別区人事委員会のホームページをご覧ください。)
 このページでは、経験者採用試験・選考の概要、採用後の昇任制度等についてお知らせします。実際に採用された職員の声は先輩職員インタビューに掲載しています。

採用試験・選考の概要
採用区分 試験・選考区分 主な受験資格
経験者 1級職 事務 ・日本国籍を有する人で、昭和35年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴が直近10年中4年以上ある人。業務従事歴は、1つの民間企業等での継続した経験のみを対象とし、複数の経験は通算しない。  
土木造園
(土木)
建築
機械
電気
福祉 ・国籍を問わず、昭和35年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴が直近10年中4年以上ある人。業務従事歴は、1つの民間企業等での継続した経験のみを対象とし、複数の経験は通算しない。 ・福祉、児童福祉、児童指導については、社会福祉士若しくは児童指導員の資格を有する人又は保育士となる資格を有し都道府県知事の登録を受けている人。
児童福祉 ・国籍を問わず、昭和35年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴(児童心理は施設を問わず心理に関連する業務の従事歴)が直近10年中4年以上ある人で、そのうち、児童相談所等での業務従事歴が2年以上ある人。
児童指導
児重心理 ・児童心理については、学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)の心理学科を卒業した人又はこれに相当する人。
2級職
(主任)
事務 ・日本国籍を有する人で、昭和35年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴が直近14年中8年以上ある人。業務従事歴は、1年以上の期間について、複数のものを通算することができる。ただし、そのうち1ヵ所については、継続した4年以上の経験を有すること。  
土木造園
(土木)
建築
福祉 ・国籍を問わず、昭和35年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴が直近14年中8年以上ある人。業務従事歴は、1年以上の期間について、複数のものを通算することができる。ただし、そのうち1ヵ所については、継続した4年以上の経験を有すること。 ・福祉、児童福祉、児童指導については、社会福祉士若しくは児童指導員の資格を有する人又は保育士となる資格を有し都道府県知事の登録を受けている人。
児童福祉 ・国籍を問わず、昭和35年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴(児童心理は施設を問わず心理に関連する業務の従事歴)が直近14年中8年以上ある人で、そのうち、児童相談所等での業務従事歴が4年以上ある人。
児童指導
児童心理 ・児童心理については、学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)の心理学科を卒業した人又はこれに相当する人。
3級職
(係長級)
児童福祉 ・国籍を問わず、昭和35年4月2日以降に生まれた人。また、民間企業等における業務従事歴(児童心理は施設を問わず心理に関連する業務の従事歴)が直近18年中12年以上ある人で、そのうち、児童相談所等での業務従事歴が6年以上ある人。 ・児童福祉、児童指導については、社会福祉士若しくは児童指導員の資格を有する人又は保育士となる資格を有し都道府県知事の登録を受けている人。
児童指導
児童心理 ・児童心理については、学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)の心理学科を卒業した人又はこれに相当する人。
荒川区の採用人数
区分 21年度 22年度 23年度 24年度 25年度 26年度 27年度 28年度 29年度 30年度 31年度
1級職 10 8 7 9 6 2 4 6 4 10 4
2級職(主任1) 9 6 8 9 11 6 11 6 2 3 2
2級職(主任2) 1 2 1 2 1 2 2 1 - -

※注釈 平成30年度は採用区分「1級職」、「2級職(主任1)」及び「2級職(主任2)」として採用試験・選考を実施。

昇任制度

 職員の昇任は、学歴等によらない能力主義に基づく公平な昇任制度になっています。
採用後一定の期間をおいたあとに、各ステップごとの選考、つまり昇任へのチャンスが平等に用意されています。
 なお、民間企業での業務従事歴が昇任選考の受験資格として必要な年数に通算されます。

お問い合わせ

職員課人事係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎4階)
電話:03-3802-3111(内線:2231)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る