このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

寄附金税額控除について

更新日:2019年7月22日

 寄附金控除については、平成20年の税法改正により従来の所得控除方式から税額控除方式に変わり、対象となる寄附金も大幅に拡大されました。

控除対象となる寄附金

  1. 都道府県・市区町村に対する寄附金(ふるさと納税)
  2. 日本赤十字社東京都支部に対する寄附金
  3. 東京都共同募金会に対する寄附金
  4. 荒川区又は東京都がそれぞれ条例で指定している団体に対する寄附金

※注釈 上記1から4に該当しない寄附金でも、東日本大震災に対する寄附金のうち、最終的に国又は地方公共団体に配分された寄附金については控除の対象となります。

寄附金税額控除額の計算方法

 寄附金税額控除の計算式は、下記のとおりとなります。ただし、寄附金税額控除の計算の対象となる寄附金額は、総所得金額等の30%が上限となります。

  1. 基本控除額                                                                                                  ・区民税分 (寄附金額−2千円)×6%                                                                          ・都民税分 (寄附金額−2千円)×4%
  2. 特例控除額(ふるさと納税のみに適用) ※注釈 住民税所得割の1割(28年度分からは2割)が上限                                                                            ふるさと納税については、基本控除額とあわせて下記の式により算出した金額が住民税額から控除されます。                                                                   (寄附金額−2千円)×(90%−所得税の限界税率(※注釈1)×1.021(※注釈2))                         

※注釈1 限界税率とは、適用される所得税の最高税率をいいます。所得税の課税される所得金額により、5%から
40%(平成28年度分からは45%)の間で適用されます。
(所得税の税率については、下記リンク先を参照してください。)
※注釈2 平成26年度分(平成25年分)から、復興特別所得税分が控除されることに伴い、住民税から控除される加算分は減ずる調整がされました。

寄附金控除の申告方法

 住民税の寄附金税額控除を受けるためには、毎年1月1日から12月31日までに寄附を行い、寄附を行った団体が発行する寄附金受領証等を添付し、翌年3月15日までに所得税の確定申告をしていただく必要があります。
 所得税の確定申告をしていただくと、所得税の寄附金控除と住民税の寄附金税額控除との両方を受けることができます。(確定申告書二表・住民税に関する事項「寄附金税額控除」欄に必ず寄附金額を記入してください。記入に不備があると住民税の寄附金税額控除額が計算できない場合があります。)
※注釈 確定申告が不要の方が住民税の寄附金税額控除のみを受けようとする場合は、区役所に申告する必要があります。

ふるさと納税ワンストップ特例制度

 確定申告の不要な給与所得者等がふるさと納税を行う場合、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附税額金控除を受けられる仕組みが創設されました。
 この制度が適用される場合は、翌年度の住民税において、基本控除額及び特例控除額に加え、所得税控除分相当額が控除されます。(この場合には、所得税の還付を受けることはできません。)
 なお、平成27年3月31日以前のふるさと納税について控除を受ける場合やふるさと納税以外の寄附について控除を受ける場合には、今まで通り確定申告を行う必要があります。
 また、以下の場合については特例制度の対象外になり、特例制度の申請が無効になりますので、ご注意ください。(この場合には、今までどおり確定申告を行う必要があります。)

  • 5か所を超える自治体に特例制度の申請を行った場合
  • 確定申告や住民税申告を行った場合(申告の義務がある場合を含む)
  • 申告特例通知書(※注釈1)が賦課期日(寄附翌年の1月1日)の住所地と異なる自治体に送付された場合

 (寄附翌年の1月1日までに住所氏名等が特例制度の申請書に記載した内容から変更になった場合は、寄附翌年の1 月10日までに寄附先自治体に届け出なければなりません。)
※注釈1 寄附者の特例制度の申請により、寄附先自治体から寄附者の住所地の自治体に送付される通知

 ◯特例制度の詳細については総務省HPをご覧ください。申請等手続きについては寄附先の自治体へお問い合わせください。

(参考)ふるさと納税ワンストップ特例制度関連PDFファイル

都道府県・市区町村に対する寄附金控除額の計算例

<給与収入700万円で配偶者を扶養している場合の計算例> 
・前年中の対象寄附金額30,000円 ・所得税の限界税率20% ・住民税所得割額371,500円

  1. 寄附金30,000円のうち、2,000円を引いた残り28,000円が控除対象となります。
  2. 所得税の寄附金控除(所得控除)により28,000円×20%(限界税率(※注釈1))×1.021(※注釈2)=5,717円の税額が所得税から軽減されます。                            
  3. 住民税の寄附金控除(税額控除)で28,000円×10%=2,800円(基本分)と28,000円×(90%−限界税率×1.021)=19,483円(加算分(※注釈3))の合計22,283円が住民税から控除されます。
  4. 最終的に2と3を合わせた28,000円が住民税と所得税で減額されます。

※注釈1 限界税率とは、適用される所得税の最高税率をいいます。所得税の課税される所得金額により、5%から    40%(平成28年度分からは45%)の間で適用されます。
※注釈2 平成26年度分(平成25年分)から復興特別所得税分が控除されることに伴い、住民税から控除される加算分 は減ずる調整がされました。
※注釈3 加算分は、住民税所得割額の1割(平成28年度分からは2割)が限度額です。
◯ふるさと納税の詳細、控除額、上限額の計算等については、下記リンク先を参照してください。

寄附金税額控除に関するQ&A

Q1 どういった都道府県・市区町村への寄附が控除対象となるのですか。出身地や過去の居住地などに限られているのですか。
  A1 全ての都道府県、市区町村が対象になります。出身地や居住地に限定されていません。

Q2 複数の団体に寄附をすることはできますか。
  A2 可能です。寄附先の団体数に制限はありません。複数の団体に対して寄附を行った場合は、その合計額に基
づいて寄附金税額控除の計算を行います。

Q3 平成25年8月1日に、B市に対して寄附を行いましたが、住民税で控除されるのはいつですか。
  A3 平成25年1月1日から12月31日までの寄附金は、翌年の3月15日までに申告を行うことで、翌年度の住民税を計算する際に控除されます。

荒川区への寄附のご案内

 荒川区では、申請に基づき、区から郵送する納付書によりお支払いただく方法で寄附をお願いしています。口座振込みやクレジットカード等での寄附の受付はしていません。
 寄附金の入金確認が出来次第、寄附金の受領書を送付させていただきます。

荒川区が条例で指定した団体一覧

東京都の条例指定寄付金一覧

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

税務課課税係
電話:03-3802-3111(内線2316〜2318、2322)

本文ここまで

サブナビゲーションここから
  • 観光情報あらかわカラカルト
  • 施設案内

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る