このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年度臨時福祉給付金及び障害・遺族年金受給者向け給付金について

更新日:2016年12月29日

荒川区の申請受付は、平成28年12月28日(水曜)をもって終了いたしました。
期限後の申請は受け付けることが出来ませんので、ご了承ください。

平成28年度臨時福祉給付金について

制度の趣旨

平成26年4月の消費税率引上げによる影響を緩和するため、所得の少ない方に対し支給されます。

支給対象者

以下のいずれにも当てはまる方が対象です。

  1. 平成28年1月1日時点で荒川区に住民登録がある
  2. 平成28年度分住民税が課税されていない
  3. 平成28年度分住民税が課税されている方の扶養親族(※注)となっていない
  4. 生活保護等を受給していない

(※注)税法上の控除対象配偶者、配偶者特別控除における配偶者、扶養親族(16歳未満の年少者含む)、青色事業専従者及び白色事業専従者

支給額

一人につき3千円

障害・遺族年金受給者向け給付金について

制度の趣旨

「一億総活躍社会」の実現に向け、賃金引上げの恩恵が及びにくい所得の少ない年金受給者の方を支援するために支給されます。

支給対象者

上記の平成28年度臨時福祉給付金の支給対象者のうち、平成28年5月分の障害基礎年金、遺族基礎年金等を受給されている方が対象です。
(高齢者向け給付金を受給された方は対象外です。)

支給額

一人につき3万円
(平成28年度臨時福祉給付金の3千円と合わせて、一人につき3万3千円受給できます。)

支給対象者確認チャート

支給要件に該当するかどうかの確認ができるチャートです。二つの給付金いずれの要件にも該当する場合は、両方とも受給することができます。
下記ファイルをご覧ください。

申請について

申請の流れ

  1. 平成28年8月末以降、対象となる可能性がある方に申請書を発送しております。
  2. 申請書がお手元に届きましたら、必要事項を記入、押印してください。また、同封の案内チラシをよくご確認いただき、必要な方は添付書類をご用意ください。添付書類が不足しているなど、申請書類に不備がある場合には、コールセンターからご連絡し、改めて不足書類をご提出いただく場合がございますので、申請前によくご確認ください。
  3. 申請書に同封されている返信用封筒で返送するか、窓口に直接お持ちください。
  4. 申請書を受領後、荒川区で審査を行い、審査結果をはがきでお知らせします(申請書受領の約1か月から2か月後)。
  5. 支給が決定された方は、金融機関口座へ給付金が振り込まれます(審査結果通知の約1週間後)。また、現金で受給する場合は、荒川区が指定した日に窓口にご来庁いただきます。

申請受付期間

平成28年9月1日(木曜)から12月28日(水曜)まで
上記期間を過ぎますと申請を受け付けることが出来ません。申請書がお手元に届きましたら、お早めに申請してください。

申請受付窓口

荒川区臨時福祉給付金窓口
〒116-0002
荒川区荒川2-1-5セントラル荒川ビル(荒川消防署隣)3階

配偶者等からの暴力を理由に避難している方へ

配偶者等からの暴力を理由に避難している方で、事情により、平成28年1月1日に住民票のあった場所と今お住まいの場所が異なる方は、事前に申し出をいただくと以下の措置を受けることが出来ます。

  1. 手続き完了後に、配偶者等から代理申請がなされた場合でも、配偶者等に対し、申し出をされた方の給付金は支給しません。
  2. 住民票がある市区町村ではなく、現在お住まいの市区町村に給付金の申請を行うことが出来ます。
  3. 平成28年1月1日以前に配偶者等と生計を別にしている場合は、配偶者等に扶養されていないものとみなします。平成28年1月2日以降に配偶者等と生計を別にした場合は、平成28年1月1日における扶養関係を元に、給付金を支給するか判断します。

(申出いただいた旨の連絡が、住民票のある市区町村に届いた時点で、すでに給付金が配偶者等に対して支給されてしまっている場合、申出を行った方への支給は出来ませんのでご留意ください。)

申出に必要な要件

次の1の要件を満たし、且つ2から4までに掲げる要件のいずれかを満たす方は、事前の申し出をすることが出来ます。

  1. 医療保険上、配偶者と異なる世帯に属すること又は配偶者の被扶養者となっていないこと
  2. 配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること
  3. 婦人相談所等から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」が発行されていること
  4. 平成28年1月2日以降に住民票が現在お住まいの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること

申出方法

下記ファイルの申出書を印刷し、必要事項を記入の上、申出書下段に記載されている書類を添付して、現在お住まいの市区町村の臨時福祉給付金担当窓口に提出してください。

このファイルをダウンロードしてご記入ください。

お問合せ

荒川区臨時福祉給付金コールセンター

荒川区では平成28年度臨時福祉給付金及び障害・遺族年金受給者向け給付金の申請方法等について、専用のコールセンターを開設しております。お気軽にご利用ください。
受付時間 平成28年8月22日(月曜)から12月28日(水曜)まで
     午前8時30分から午後5時15分まで(土日祝日を除く)
電話番号 0570−057−035

厚生労働省給付金専用ダイヤル

「臨時福祉給付金」及び「障害・遺族年金受給者向け給付金」の制度に関する一般的な問合せについて、厚生労働省では専用ダイヤルとホームページを設置しています。
 厚生労働省の相談窓口
 受付時間 平日午前9時から午後6時まで(ただし12月18日までは土日祝日も開設)
 電話番号 0570−037−192(オー!みないいきゅうふ)
        IP電話からおかけの場合は03-6627-1290/06-7731-2370

給付金を装った「振り込め詐欺」や「個人情報の詐欺」にご注意ください。

  • 荒川区や厚生労働省(の職員)などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
  • ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。
  • 荒川区や厚生労働省(の職員)などが給付金を支給するために、手数料などの振込を求めることは絶対にありません。
  • 現時点で、荒川区や厚生労働省(の職員)などが区民の皆様の世帯構成や銀行口座の番号などの個人情報を照会することは絶対にありません。

振り込め詐欺などが疑われる場合

ご自宅や職場などに荒川区や厚生労働省(の職員)などをかたった電話がかかってきたり、郵便が届いたら、迷わず荒川区や最寄の警察署(または警察相談専用電話#9110)にご連絡ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

福祉推進課管理係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)
電話:03-3802-3111(内線:2611)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る