このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

放置自転車対策

更新日:2016年11月1日

放置自転車ゼロの実現へ

 駅前周辺の放置自転車対策として、自転車等駐車場の整備や放置の規制及び啓発活動などに、地域の人たちの協力を得て積極的に取り組んできました。その成果も少しずつ現れ、放置自転車は、減少傾向にあります。
 しかし、放置自転車が無くなったわけではありません。放置自転車はさまざまな問題を誘発し、区民の皆さんの迷惑となっています。道路を占拠し、歩行者の通行を妨げ、特に高齢者や障がい者にとって危険となり、また、景観も損なっています。
 区は歩行者と自転車が共存できるまちづくりを目指し、さらに自転車対策事業を推進していきます。
 次のポスターは、平成30年度「放置自転車ゼロをめざして」啓発ポスターコンクールの最優秀作品です。区内の子どもたちも放置自転車の追放に協力しています。区民の皆様も協力をお願いいたします。

最優秀賞(小学校低学年の部)瑞光小学校2年・有賀 友祐さん
最優秀賞(小学校低学年の部)瑞光小学校2年・有賀 友祐さん

最優秀賞(小学校高学年の部)第二日暮里小学校5年・片岡 甚仁さん
最優秀賞(小学校高学年の部)第二日暮里小学校5年・片岡 甚仁さん

最優秀賞(中学校の部)原中学校2年・木澤 寿乃さん
最優秀賞(中学校の部)原中学校2年・木澤 寿乃さん

放置ってどんなこと

 放置とは、自転車、原動機付自転車を路上に置き、その場を離れ自転車等を直ちに移動することが出来ない状態を言います。商店の前に自転車等を置いたまま、次々と商店を移動すると放置となる場合があります。ご注意ください。
 「私の1台程度は大丈夫」と軽い気持ちで放置すると、1台置いてあるからと、次から次へと放置を誘発し、あっという間に数十台、数百台の自転車が駅前広場や道路をふさいでしまいます。

放置自転車は強制撤去

 南千住駅、町屋駅、日暮里駅、西日暮里駅、三河島駅、熊野前駅、赤土小学校前駅の周辺を、放置禁止区域に指定しています。
 放置禁止区域内では定期的に放置自転車等を撤去しています。撤去は、自転車等に警告札を取り付け、1時間以上経過した後に行います。
 撤去した自転車等は三河島自転車保管場所等に一定期間保管し、所有者に返還しています。
 撤去された自転車等を引き取るには、自転車は5,000円原動機付自転車は7,500円の撤去手数料が必要です。

自転車は決められた場所に

 南千住駅、町屋駅、日暮里駅、西日暮里駅、三河島駅、熊野前駅、赤土小学校前駅の周辺には、自転車等駐車場や自転車置場を設置していますのでご利用ください。
 料金、場所等については自転車等駐車場及び自転車置場の利用案内を参考にしてください。

自転車の盗難多発 自転車に2つの鍵を

 荒川区内の自転車の盗難届は平成29年時点で年間約600件です。これは一日約2件の盗難が発生していることになります。これ以外にも盗難届を出していない事例も考えられるので、実数はもっと多いと予測出来ます。
 盗難に遭わないため、自転車には2つの鍵を付けるようにしましょう。

撤去日前に盗難届の提出が必要

 撤去した自転車等を引き取る場合は撤去手数料が必要ですが、撤去した日より前に盗難届が出されていれば、撤去手数料が免除されます。
 盗難に遭った時は、その日のうちに警察署または交番に盗難届を出すようにしましょう。

お問い合わせ

施設管理課自転車対策係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目11番1号北庁舎2階
電話:03-3802-3111(内線:2716)

本文ここまで

サブナビゲーションここから
  • 観光情報あらかわカラカルト
  • 施設案内

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る