このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

あらかわMy(マイ)カード(住民基本台帳カード) について

更新日:2016年2月3日

あらかわMy(まい)カード(住民基本台帳カード) の新規発行、更新は平成27年12月28日で終了しました。

あらかわMy(まい)カード(住民基本台帳カード)は、荒川区に住民登録している方の申請に基づいて交付している高度なセキュリティ機能を持ったICカードです。

写真付きと写真のないタイプの2種類があり、住基ネット上の便利なサービスをはじめ、さまざまなサービスに利用することができます。

カードの記載事項

  • 写真付きのカードには、氏名、住所、性別、生年月日が記載されます。
  • 写真なしのカードには、生年月日、性別、住所は記載されません。
  • 通称が住民票に記載されている外国人住民の方は、氏名に併せて通称も記載されます。

あらかわMy(まい)カードでできること

身分証明書としての活用

  • 写真付きのカードは、公的な身分証明書として活用できます。

住基ネット上のサービスの利用

  • 住民票の写しの広域交付
    住民票の写し(本籍地の表示を省略したもの)を他の区市町村の窓口で受け取ることができます。利用時間は、午前9時から午後5時までです(土曜・日曜・祝日を除く)。
  • 転入転出の特例処理(転入届の特例)
    転入転出の際の住民登録手続を簡略化できます。

区独自のサービスの利用

  • 図書館利用サービス
    荒川区立図書館の利用者カードとして使うことができます
    ※注釈 図書館利用サービスは、平成19年6月28日以降に交付した全てのあらかわMy(まい)カードに付加しています。図書館利用サービスの利用には、別途、荒川区立図書館での利用者登録が必要です
  • 証明書自動交付サービス
    区内7ヵ所に設置している証明書自動交付機や全国ほとんどのコンビニエンスストアの端末機で証明書(住民票の写し・印鑑登録証明書)を受け取ることができます。
    ※注釈 住基カードの有効期限を過ぎると利用できなくなります

電子証明書の保存用カードとして

あらかわMy(まい)カード(住民基本台帳カード) を使用した電子証明書(公的個人認証)の新規発行、更新は平成27年12月22日で終了しました。

  • 公的個人認証サービス
    インターネット等で電子申請を行う際、本人からの申請であることを証明するために必要な「電子証明書」の保存用カードとして利用することができます。

あらかわMy(まい)カードの有効期限

10年間

外国人住民の方は、在留資格によって下記のように異なります

外国人住民の方の有効期限
在留資格 有効期限
特別永住者、永住者 カード発行日から10年間
永住者以外の中長期在留者 カード発行日から在留期間の満了の日まで
一時庇護許可者、仮滞在許可者 カード発行日から上陸期間または仮滞在期間を経過する日まで
出生による経過滞在者、国籍喪失による経過滞在者 カード発行日から経過滞在期間(出生した日または日本の国籍を失った日から60日)を経過する日まで

セキュリティ対策

アプリケーションファイアーウォール

あらかわMy(まい)カードに搭載されたICチップにインストールされたアプリケーションはそれぞれ交互にアクセスできないよう、厳格なアクセス権が設定されており、各アプリケーションは独立性が確保されます。したがって 区の独自サービスや公的個人認証サービスの情報が住民基本台帳ネットワークに漏れるということはありません。

耐タンパー性

あらかわMyカードには個人情報を保護するための様々なセキュリティ対策が施されています。カードに搭載されたICチップは、情報を盗んだり、偽造や改ざんといった不正行為ができないように高度な技術を使っています。ICチップは情報を不正に使用しようとする際の論理的攻撃や物理的攻撃に対処する性能、耐タンパー性(tamper(たんぱー):干渉する;いじくる;いたずらする;勝手に変えるの意)をもっています。

暗証番号

カードには個人の暗証番号を登録していただき、利用の際に暗証番号の照合を行います。何度か暗証番号の照合に失敗した場合は、カードが自動的に利用できなくなるため、他人のなりすましによる不正利用を防ぐことができます。

偽造防止対策

券面事項の記録

区では平成21年4月20日より、住民基本台帳カードの偽造防止対策として次の券面事項をICチップに記録しています。

  • 顔写真つき住基カードの場合・・・顔写真画像、住所、氏名、生年月日、性別、有効期限
  • 顔写真なし住基カードの場合・・・顔写真なしの住基カードである旨、有効期限

これにより、専用のアプリケーションを用いた金融機関等の窓口で、住民基本台帳カードが偽造されていないことを確認できるようになります。確認の際には、有効期限(西暦8桁)と生年月日(和暦6桁)をあわせた14桁の照合番号の入力が必要です。

QRコード

カード表面には、ICチップに券面確認事項が記録されていることを示すQRコードが印刷されます。

共通ロゴマーク

特殊印刷された全国共通のロゴマークにより、カードのデザインが区市町村ごとに異なっていても正規な住民基本台帳カードであるとわかります。

旧デザインのカードについて

 QRコードや共通ロゴマークが印刷されていない旧デザインのカードであっても、引き続き有効期限内まで利用することができます。ただし、すでに交付済みのカードにQRコードや共通ロゴマークを追加することはできません。

こんな時には

住所変更した時・氏名変更した時

  • 荒川区内で住所を変更したり、氏名を変更したりした場合は、戸籍住民課に届け出て下さい。カードの裏面に新しい住所・氏名を記載したうえ、ICチップに記録されている情報を書き換えます。なお、カード裏面の追記領域に青い字で「JUKICARD(じゅうきかーど)」の柄があるものは、各区民事務所でも住所変更の手続きができます。詳しくは、「荒川区住民基本台帳カード記載事項変更届」をご覧ください。
  • 平成24年7月9日より、荒川区外に住所変更してもカードを継続して利用することができるようになりました。詳しくは、「住民基本台帳カードの継続利用について」をご覧ください。

カードをなくした時

カードを紛失したり、盗難に遭ったりした時は、警察署に届け出ると共に、区民事務所または戸籍住民課に一時停止届または廃止届を提出してください。

お問い合わせ

戸籍住民課住民記録係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎1階)
電話:03-3802-3111(内線:2362)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る