このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

雑がみ

更新日:2016年10月14日

雑がみとは、新聞、雑誌、段ボール以外のリサイクルできる紙類のことです。
荒川区の家庭から出た燃やすごみには、資源としてリサイクルできる雑がみが9%含まれています。
雑がみは正しく分別して資源回収に出すことで、ごみが減り、限りある資源を再利用することに繋がります。

雑がみの出し方

かさばらないように折りたたんでひもでしばるか、紙袋に入れてまとめて、地域の資源回収に出してください。

ひもでしばって出す

紙箱や包装紙、紙袋は、新聞や段ボール等と同じようにひもでしばって出すこともできます。

雑誌に挟んで出す

ちらし類は、雑誌に挟んで出すこともできます。

紙袋に入れて、まとめて出す

トイレットペーパーの芯など、大きさがバラバラなものは、紙袋に入れて、まとめて出してください。

雑がみとして出せるもの

紙箱(お菓子や食品などの箱)

食べ物が付着して汚れているものは、燃えるごみに出してください。

ティッシュボックス

取り出し口のフィルムは剥がしてください。

紙袋

手提げ部分が紙以外の場合は、取り外してください。

包装紙

トイレットペーパーやラップの芯

その他

コピー用紙、メモ用紙、カタログ、シャツの台紙等

燃やすごみとして出すもの

紙類でも、リサイクルできないものがあります。
以下の紙類は、再生紙の色むら、しみ、臭いの原因や、機械が故障する原因になる等、再生する際に妨げになりますので、燃やすごみに出してください。

紙おむつ、汚れた紙

汚れや臭いの付いたもの

感熱紙(レシート、ファクス用紙)、カーボン紙(伝票等)、写真、圧着はがき

加工されているもの

食べ物が付着した紙

油等の汚れがついているもの

粉末洗濯洗剤の入った紙箱、線香の箱

香りが付いているもの

紙コップ、紙皿、カップ麺、ジュース容器

はっ水加工等がされているもの
※注釈 汚れていなくても回収できません。

ガム、たばこの銀紙、銀色のアルミ箔が中にある紙パック

金属膜のある紙

その他

インクジェット写真プリント用紙、ビニールコート紙(破くとビニールでコーティングされている紙)、かばんや靴などの詰め物(緩衝材)、アイロンプリント紙、シールや粘着テープ。
これらのような特殊な加工がされていたり、紙以外の素材が付着しているものは回収できません。

お問い合わせ

清掃リサイクル推進課啓発指導係
〒116-0001
荒川区町屋五丁目19番1号
電話:03-5692-6697

本文ここまで

サブナビゲーションここから
  • 観光情報あらかわカラカルト
  • 施設案内

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る