このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

もったいない、食品ロスを減らしましょう

更新日:2017年5月2日

食品ロスをご存じですか

食品ロスとは、食べることができたのに捨てられてしまった食品のことです。その量は全国で年間621万トンと言われています。
食品ロスの約半分は家庭から出ていると言われています。また、食品ロスを国民一人当たりに換算するとお茶碗約1杯分(約134グラム)の食べ物が毎日捨てられていることになります(農林水産省および環境省「平成26年度推計」)。
区が毎年実施しているごみ組成調査でも未使用の食品がたくさん出ています。もったいないと思いませんか。

食品ロスはなぜおこる

食品を食べずに捨ててしまう理由には、野菜の皮を厚くむくなど食べられる部分まで過剰に除去した「過剰除去」、食事を食べきれずに残して廃棄した「食べ残し」、賞味期限や消費期限が過ぎてそのまま廃棄した「直接廃棄」があげられます。

食品ロスを減らすために

残さず食べましょう

食品が皆さんの手元に届くまでに水、肥料・飼料、生産するための人手や運搬するためのエネルギーなど、資源をたくさん使っています。野菜・食肉等の生産者や料理を作ってくれた人達への感謝の気持ちを込めて、残さず食べましょう。
外食の時は、注文時に料理のボリュームや食べられない食材が入っていないかあらかじめ確認をして、食べきれる分を頼みましょう。

計画的に買い物をしましょう

安いからと食材を必要以上に購入したり、買い置きがあるのを忘れてまた同じ食材を買ってしまうと無駄になる可能性があります。買い物をする前に冷蔵庫などの食材を確認して、必要な分だけ買いましょう。

食材を使い切りましょう

普段から賞味期限や消費期限を意識して、期限切れで捨てる前に使いきりましょう。食べられる部分を過剰に捨てたり、余った食材を捨てたりせず、一工夫しておいしく食べましょう。

賞味期限と消費期限

賞味期限と消費期限の違いはご存じですか。
砂糖・塩などの一部の商品を除き、加工食品には賞味期限または消費期限が記されています。どちらの期限表示についても、未開封の状態で、適切な方法で保存されていることが前提です。

  • 賞味期限とは、比較的品質が劣化しにくい食品に表示されています。期限を過ぎても必ずしもすぐに食べられなくなるわけではありません。それぞれの食品が食べられるかどうかについては、消費者が個別に判断する必要があります。
  • 消費期限とは、品質の劣化が早い食品に表示されています。期限を過ぎたら食べないようにして下さい。

開封した物は、期限にかかわらず早めに食べましょう。

賞味期限と消費期限のイメージのグラフ
農林水産省資料より

「荒川もったいない大作戦」展開中

荒川区では平成28年度より「荒川もったいない大作戦」を展開しています。これは、食品ロス(食べることができたのに捨てられてしまう食品)を減らすための取り組みです。

※注釈 詳しくは下記のリンク先をご覧下さい

お問い合わせ

清掃リサイクル推進課啓発指導係
〒116-0001
荒川区町屋五丁目19番1号
電話:03-5692-6697

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る