このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

屋内安全対策にかかわる器具設置費用の一部を助成します

更新日:2016年8月30日

大地震が起こると、家屋の倒壊だけでなく、電気による火災や家具の転倒・落下によって大きな被害が想定されます。
区では、区内に住所を有する全世帯を対象に、屋内安全対策にかかわる器具設置費用の助成を行っています。

助成対象

感震ブレーカー

強い揺れを感知したときにブレーカーやコンセント等の電気を自動的に止める器具です。分電盤タイプ、コンセントタイプ、簡易タイプがあり、それぞれ特徴があります。過去の大規模地震時に発生した火災のうち、原因が判明している火災の約6割が電気による火災です。電気火災を防ぐために有効な感震ブレーカーの設置について、検討してみてはいかがでしょうか。
下記のパンフレットに、各タイプの相場価格が掲載されいますので参考にしてください。

家具類の転倒・落下防止器具

近年発生した地震被害でけがをした原因を調べると、約3割から5割の人が、家具類の転倒・落下・移動によるものでした。家具が倒れることによって、ご自分やご家族が負傷したり、避難障害が発生することを防ぐためには、家具類の転倒等防止対策が有効です。工事の場合、取付ける場所や器具の数量等によって異なりますが、およそ2万円程度から設置できます。
 なお、助成の対象となる器具は、下記表に該当するものとなります。

助成内容

次の1、2区分とも(1)(2)どちらかを1世帯につき1回のみ申請可能です(個別申請可)
区分 助成内容 助成限度額
一般世帯 ※1 特例世帯 ※2
1
※3
(1) 感震ブレーカー等設置工事費 上限6万円
(助成率 2分の1)
上限10万円
(助成率 6分の5)
(2) 感震ブレーカー等器具購入費  ※4 上限5千円
(助成率 2分の1)
上限1万円
(助成率 10分の10)
2 (1) 家具類の転倒・落下防止器具設置工事費 上限1万円
(助成率 2分の1)
上限2万円
(助成率 10分の10)
(2) 家具類の転倒・落下防止器具購入費  ※4 上限5千円
(助成率 2分の1)
上限1万円
(助成率 10分の10)

※注釈1 一般世帯とは特例世帯以外の世帯をいいます。
※注釈2 特例世帯とは、次のいずれかに該当する世帯をいいます。

  • 65歳以上のみの世帯
  • 世帯全員が特別区民税、都民税非課税
  • 身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保険福祉手帳所持者もしくは要介護4以上の認定を受けている者がいる世帯

※注釈3 区分1(1)については、分電盤タイプについて、(一社)日本配線システム工業の感震機能付住宅用分電盤(JWDS0007付2)の規格で定める構造・機能を有するもの。コンセントタイプについて、(一財)日本消防設備安全センターの認証を有するもの
※注釈4 器具購入費の助成については、荒川区防災用品あっ旋品の購入にも適用しています。

取付けまでの流れ

  1. 設置する器具の検討をしてください。
  2. 申請者が所定の申請書に必要事項を記入し、本人確認書類等持参のうえ防災課に申請します。(区民事務所または郵送でも申請可能です。郵送の場合は、本人確認書類のコピーを同封してください。)
  3. 申請内容を防災課が審査して、対象となった世帯に交付決定通知等を送付します。

この後の流れについては、工事の場合と器具購入の場合で異なってきます。

工事の場合

  • 申請者が送付された取付工事業者一覧を参考に工事業者を選び、直接その工事業者に事前調査・見積りを依頼します。
  • 工事業者による事前調査・見積り後、工事業者が器具の取付けを行います。 取付完了後、申請者は「取付確認書」ほか必要書類に署名押印し、工事業者に渡してください。
  • 工事費と助成金の差額については自己負担となりますので、工事業者に直接お支払いください。助成金については、防災課から工事業者に直接支払います。

器具購入の場合

  • 申請者は器具を選び、購入してください。(荒川区防災用品あっ旋品の購入にも適用しています。)
  • 購入した器具をご自分で取り付けてください。
  • 購入した器具の領収書の写し等を添付して、区に請求書等を提出してください。
  • 指定された申請者本人の口座に助成金を振り込みます。

取付工事業者一覧

感震ブレーカー等

  • お近くの電気店など
  • 上野地区住宅電気工事センター(荒川区の電気店が複数加盟している協会です。)では、工事業者等を紹介しています。電話番号 3871-6918

家具類の転倒・落下防止器具取付

一覧
業 者 名 所 在 地 電話番号
荒川区建築業連絡協議会 荒川区町屋2-21-18 3809-3237
【荒川区建設業協会】
株式会社 千代田総業 荒川区西日暮里4-25-16 3821-6239
株式会社 秀和建設 荒川区西尾久7-42-12 3893-5555
武元建設 株式会社 荒川区東尾久4-19-14 3800-3812
株式会社 杉本工務店 荒川区西尾久7-54-6 3894-5321

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

防災課
〒116-0002荒川区荒川2-25-3防災センター2階
電話:03-3802-3111(内線418)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

防災に関する助成・支援

  • 観光情報あらかわカラカルト
  • 施設案内

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る