このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区議会
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 自動翻訳
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
サイトメニューここまで
あらかわ区議会 Arakawa City Assembly

本文ここから

認知症の人もその家族も暮らしやすいまちとオープンスペース活用促進を問う 清水啓史(民進党)

更新日:2018年5月2日

清水啓史議員の写真
清水啓史(民進党)

認知症の人もその家族も暮らしやすいまちを問う

 介護の支え手を応援することが、結果として質の高い介護を受けられる状況に繋がると考える。在宅認知症の方を預かり、家族介護者のケアをするレスパイトケアの充実や、統一された視点でチームケアを実行する認知症プログラムは導入の検討が必要である。認知症の人もその家族も暮らしやすいまちとなるよう区の取り組みと認識を問う。

 認知症の正しい理解促進と家族等の介護負担を軽減する支援により、生活の質の向上や改善を図ることが重要であるとの認識のもと、認知症サポーター養成講座、認知症カフェの増設等、支援している。さらに、家族等が介護疲れ時に休息をとるための要介護者の一時的な入院支援や認知症の効果的なプログラムの導入等、検討を進める。

広場・運動場・公園等のオープンスペース活用促進を問う

 区の面積は23区中22番目と狭く、土地の有効活用は重要な課題である。用途を見直し、多くの区民が活用できる運動場等のオープンスペースを増やし、活用促進すべきと考えるがどうか。

 年内には一部運動場の開放を実験的に行い、適切な施設管理やルール等、様々な課題を整理し、検証する。また、ボール遊び場や広場でのルール作り等、公園・広場の活用促進を検討する。

その他の質問項目

  • 目の健康について
  • マンションの今後懸念される問題点について

お問い合わせ

議会事務局企画調査係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎5階)
電話:03-3802-3111(内線:3616)

本文ここまで

サブナビゲーションここから
  • 本会議等録画中継
  • 委員会録音中継
  • 新規ウィンドウで開きます。会議録閲覧
  • 議会日程
  • 議事内容
  • 議員名簿
  • 議会の仕組み
  • 議会だより
  • 請願・陳情
  • 傍聴のご案内
  • 視察案内
  • 関係例規
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区議会

交通のご案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 荒川区議会事務局(荒川区役所・本庁舎5階)
電話:03-3802-3111(代表) 内線:3611
Copyright © Arakawa City Assembly. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る