このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年度荒川区産後ケア事業

更新日:2017年12月7日

概要

 育児に慣れていない初産のお母さんが、家族などの支援を受けられない場合に、指定の病院・助産院に宿泊して産後ケアを受けられます。

利用できる方

荒川区に住所があるお母さんと赤ちゃんで、次の全てに該当する方。

  • 初産で、産後4か月未満の方。(申請は産前にも行うことができます。)
  • 家族等から十分な援助が受けられず、お母さんの体調や育児に不安がある方。
  • お母さん・赤ちゃんともに医療行為が必要ない方。

検診の日、また予防接種の当日及び翌日は利用できません。
利用承認を受けた場合でも、健康状態その他の事由により、施設の側で受け入れできない場合があります。
入所時に体調不良となった場合は、医療機関への受診をすすめます。

内容

病院・助産院に宿泊し、次のケアを受けられます。

  1. 産後における母体管理及び生活面の指導
  2. 乳房管理、乳房ケア
  3. 授乳方法、沐浴方法等の指導
  4. 乳児の発育又は発達に関する相談
  5. 保健指導
  6. 食事の提供 

利用可能日数

1泊2日から3泊4日まで

利用料金

  • 1泊2日12,000円
  • 2泊3日18,000円
  • 3泊4日24,000円

住民税非課税世帯は半額となります。(荒川区で申告していない場合は世帯全員分の非課税証明書を提出)
生活保護世帯は全額免除されます。(保護受給証明書を提出)
双子などの場合は利用料金が加算されます。(赤ちゃんが一人増えるごとに、1日2,000円加算)
東京リバーサイド病院は、上記の他に四人部屋があります(1泊2日9,000円、2泊3日13,500円、3泊4日18,000円)。
他にオプションのメニューを使用した場合、追加料金がかかる場合があります。

利用方法

申し込みから、実施後の支払いまでの流れ

1 申請

事前申込制
おおむね妊娠8か月(妊娠28週)以降に区所2階17番窓口の子育て支援課・管理調整係で申請。
【持ち物:母子手帳】(本人のほか、家族の方が申請できます。)⇒後日、区から利用承認書を交付。

2 予約

希望する実施病院・助産院(裏面に記載)に連絡し、なるべく訪問して面談し、利用予定・健康状態・ご希望のケア内容等を伝える。

  • 出産前の場合⇒出産・退院の予定日を伝え、利用開始予定日・日数を決定して予約(仮予約)。
  • 出産後の場合⇒利用開始日・日数を決定して予約。

3 利用

産後ケア利用(最大3泊4日)

4 お支払い

利用終了後、利用料金を直接病院・助産院にお支払いください。

実施施設(平成29年5月現在 2施設)

東京リバーサイド病院

  • 住所 荒川区南千住8-4-4
  • 電話 03-5850-0303

詳細は、東京リバーサイド病院へ直接お問い合わせください。

たんぽぽ助産院

  • 住所 荒川区荒川1-31-8
  • 電話 03-6806-5396

詳細は、たんぽぽ助産院へ直接お問い合わせください。

関連ファイル

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

子育て支援課
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号
電話:03-3802-3111(代表)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る