このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

【子育て体験記】助産院での産前・産後支援

更新日:2015年4月1日

 荒川区にあるたんぽぽ助産院。皆さん、きっと、前を通った事や助産院が区内にある事は、ご存知かと思いますが、産前から産後のママさんを支援する、素敵な教室があることは、まだまだ知らない方も多いようなので、こちらにて紹介させて頂きます。

産前から産後のママと赤ちゃんのための教室 マザリーズ

 どんなに健康なママでも、妊娠・出産をすると、女性は、ホルモンバランスの影響から、心身の不調を影響されやすいです。
そんなママの心身的サポートの場として、助産院では、リフレクソロジーを取り入れた教室が、開催されています!
産後の自分の身体と向き合い、自分でマッサージしながら、頑張っている自分を癒してあげる『セルフリフレ』や、赤ちゃんの肌に触れ、赤ちゃんをマッサージしてあげる事で、母子共にリラックスをしたひとときを過ごせる『ベビーリフレ』。
赤ちゃんをあやしながら、産後のママの骨盤回復を意識したストレッチを取り入れた、『ベビーストレッチ』など、ベビーセラピストの先生による、産後のママに嬉しい教室を、開催中です。
しかも、なんと、助産院の先生の手作りの食事付き!!
産後は、母乳の事を考えたりと、食事にも、気を使いますが、赤ちゃんのお世話で精一杯で、ついつい自分自身の食事の栄養面が、おろそかになってしまっている方も多いと思います。
そんなママ達の為に、玄米を使ったおにぎりや、カブをすりおろした茶碗蒸しなど、身体に優しい物をふんだんに使ったメニューを、助産師の先生が、工夫を凝らし、提供して下さいます。
最近では、口コミで広がり、リピーターさんも多く、人気の教室です。
また、産前のマタニティの方向けの教室もあるようです。
これらの教室は、たんぽぽ助産院で出産されてない方でも、参加できるそうです。
詳しくは、たんぽぽ助産院HPや、ベビーセラピストの先生のブログをご覧下さい。

産後のサポート

 たんぽぽ助産院では、出産退院後の産後サポートとして、産院を退院後から家庭での日常生活、産後の身体の回復までの間のサポートとして、産褥入院も受け付けてくれるそうです。
 我が家は、私の両親や主人の母が、すでに他界しているので、産後退院後のサポートをしてくれる人が、手薄な状態なのですが、下の子の出産退院の翌日に、主人の出張が入ってしまいました。
やむを得ず上の子だけ、主人の父親の家にお願いしましたが、私の妊娠から出産で少しナイーブになっている所に、自分だけ離れなければならなくなってしまい、とても不安な思いをさせてしまいました。
たんぽぽ助産院では、上の子どもや家族も一緒に泊まる事が出来、産後の身体回復にむけて、母親だけでなく、その家族のサポートにも配慮して下さっているそうです。
こちらを知っていたら、ぜひ利用したかったなぁと、下の子の出産当時のエピソードを、ふと、思い出しました。
こういった、産前から産後のサポートがある事を、もっとたくさんの方に、知って頂け、また、今後もこのようなサポートの場が、もっとたくさん増えていったら、出産への不安も、かなり軽減され、より安心して、出産できると思います。
是非とも、まずは、荒川区内で、このようなサポートの場があることを、たくさんの方に知って頂き、より一層、安心して出産・子育ての出来る地域として、発展していってくれたらと思います。
平成25年度 子育て支援モニター I.M(南千住)

関連リンク

※区の関連ホームページ以外の外部リンクは別窓で開きます。

お問い合わせ

子育て支援課
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号
電話:03-3802-3111(代表)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

子育て体験記

  • 観光情報あらかわカラカルト
  • 施設案内

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る