このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

【子育て体験記】わが子の母子分離大作戦

更新日:2015年4月1日

 結婚を機に、初めて大阪の親元から離れ東京に来ました。主人も東北出身のため、通勤時間を優先し、この地に住み始めました。私には、二歳になる娘がいます。
保育園に通っていないため、平日は主人が戻るまでは私と娘と犬と日々過ごしています。
そんな日常の中ではときに困ることもあり、頼る身内も近くにいないので、区内にある施設をたびたび利用しています。
日々どのように、子育てをやりくりしているかを、ご紹介したいと思います。

  • 習い事
    週に一度、2歳から母子分離のできるスイミグスクールへ通っています。
    時間は30分程度ですが、この時他のママさん達に子育ての相談をしたり、街のお得情報を聞いて励みにしています。
  • 子育て支援事業
    子ども家庭支援センターでは、月に一度「はーふタイム」があります。
    時間は一時間半です。ここでは、自身の悩みやなんでもない事をつぶやき、他の人に聞いてもらう事です。ただ聞くだけなので、解決にはなりませんが、なぜかリフレッシュできます。この時間内では託児がサービスでついています。もちろん、費用はかかりません。とっても嬉しいサービスです。
  • 一時保育
    どうしてもの場合です。通院などで預けたい時は、一時保育を利用しています。
    少しお金がかかりますが、どうしても・・・という時は本当に助かっています。
    保育園の一時保育の空きがあれば、手続き後利用することが出来ます。
    どこの保育園の職員も丁寧ですので、安心して預けることができます。

そして、そして、私の子育て体験記を書かせていただいているこの子育て支援モニターも、会議出席には託児がついています。

 周りに身内がいなくとも、出身が違っても、主人の帰りが遅くとも(笑)、お友達は沢山できましたし、私の心のリフレッシュタイムは作れます!一人で子育てされている方、まだまだ区内にはママに優しい場所があります!子育てする親も人間です。そりゃ、モヤモヤすることだってあります。テキトーさも大切です。子育てを楽しみながらできるといいですね。

平成25年度子育て支援モニターH.N(西日暮里)

関連リンク

※区の関連ホームページ以外の外部リンクは別窓で開きます。

お問い合わせ

子育て支援課
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号
電話:03-3802-3111(代表)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

子育て体験記

  • 観光情報あらかわカラカルト
  • 施設案内

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る