このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

養育家庭(里親)を知っていますか

更新日:2019年10月1日

 様々な事情から自分の家庭で暮らすことができない子どもは、全国に約45,000人、東京都に約4,000人います。養育家庭(里親)とは、こうした子どもたちを、家族の一員として迎え入れ、温かい愛情と正しい理解を持って一定期間養育していただく家庭のことです。
 荒川区では、令和2年4月(※注釈1)の(仮称)荒川区子ども家庭総合センター(荒川区児童相談所)開設に向け、東京都と連携して、養育家庭の普及啓発に取り組んでいます。

※注釈1 一時保護や児童福祉施設等への入所措置などの法的権限を持つ児童相談所設置市への移行は令和2年7月となります。
※注釈2 東京都では、養育家庭をさらに親しみやすく、かつ多くの方に覚えていただくため、「ほっとファミリー」という愛称で呼んでいます。

イベント情報

【里親制度普及啓発講演会】みんなで支える あらかわの子どもたち

 幅広い世代の方に里親制度について知っていただくため、講演会を開催します。ぜひご参加ください。

日時

11月16日(土曜)午後2時から3時30分まで(午後1時30開場 自由席)

場所

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ムーブ町屋 ムーブホール(外部サイト)

定員

200名(先着順)

費用

無料

内容

  • 里親制度の概要説明
  • 里親体験発表
  • 講演 「『ちいさいひと』に寄り添う 虐待は子ども時代の何を奪うのか」

講師:小宮 純一氏
(漫画『新・ちいさいひと 青葉児童相談所物語』取材・企画協力)
※注釈 手話通訳あり

託児

先着予約制(対象:1歳以上の未就学児)
※注釈 来所、電話またはファックスにてお申込みください

申込方法

※注釈 土曜・日曜・祝日を除く

チラシのダウンロード

ファックス送付用紙としても使用できます

過去の講演会

昨年の様子等はこちらをご覧ください。

養育家庭(里親)個別相談会

 養育家庭(里親)について詳しく知っていただくため、区では平成30年7月から月1回、個別相談会を開催しています。少しでもご興味を持たれた方は、ぜひ一度お問合せください。

第6回

日時

令和元年10月23日(水曜)9時30分から11時30分まで

場所

荒川区役所4階(会場の詳細はお申込み時にお伝えします)

第7回

日時

令和元年11月27日(水曜)9時30分から11時30分まで

場所

あらかわエコセンター2階環境研修室1

第8回

日時

令和元年12月25日(水曜)9時30分から11時30分まで

場所

あらかわエコセンター2階環境研修室1


※注釈1 相談は事前予約制で、定員は各回2組です。各相談日の2日前までに、来所・電話にてお申し込みください。
※注釈2 相談窓口は随時設けておりますので、上記日程で都合のつかない方はお問合せください。
※注釈3 令和2年1月以降の予定については、決まり次第お知らせいたします。

里親制度とは

里親の種類

養育家庭

養子縁組を目的とせずに、自分の家庭で暮らすことのできない子どもを一定期間養育する家庭

親族里親

両親の死亡などにより、養育できない場合に、祖父母などの親族が子どもを養育する家庭

養子縁組里親

養子縁組を前提として、自分の家庭で暮らすことのできない子どもを養育する家庭

里親になるための条件

それぞれの種類に応じた「認定要件」があります。詳しくは外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都里親認定基準(外部サイト)をご覧ください。

里親登録までの流れ

1.相談(関心をお持ちの方は、東京都北児童相談所にお問合せください。※注釈 区においても個別相談会を実施しています。)、2.研修、3.申請、4.家庭調査、5.認定・登録

もっと知りたい!里親Q&A

Q 短い期間であれば育てられるんだけどな・・・

 保護者の入院等に伴い数週間の養育を必要としている子どももいるため、短期間のみの里親も募集しています。
※注釈 区では、一般家庭で子どもを短期間預かる「協力家庭ショートステイ事業」を実施しています。詳細は子ども家庭支援センター(03-3805-5523)までお問合せください。

Q 子どもを育てるための費用はどうしよう・・・

 委託期間中の子どもの生活費や教育費のほか、子どもの人数に応じて里親手当が支給されます。また、委託後に子どもが医療機関にかかる場合、児童相談所が「受診券」を発行しますので、健康保険の範囲では原則として里親が医療費を支払うことはありません。

Q 何の資格も持っていないんだけど・・・

 所定の研修の受講等、一定の要件を満たしていれば特別な資格は必要ありません。また、平成30年10月から、年齢要件や配偶者がいない場合の要件も緩和されました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

子育て支援課 児童相談所準備担当
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)
電話:03-3802-3111(内線:3841)
ファクス:03-3802-4919

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る