このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

保育料の減額・免除について

更新日:2015年6月16日

次のような場合には、保育料が減額・免除される場合があります。
該当すると思われる場合には、ご相談ください。

保育料の減額

減額の対象となる場合

次のいずれかに該当する場合、減額の対象になります。
ただし、一度に2つの減額を同時期に受けることはできません。

  1. その年に、失業(自己退職を除く)したとき、または収入が著しく減ったとき
  2. その年に、出産などにより扶養家族が増えたとき
  3. その年に、病気や災害などで特別に費用がかかったとき
  4. 婚姻歴のないひとり親
  5. その他区長が特に調査のうえ必要と認めたとき

減額期間

理由により異なり、原則としてその年度内に限ります。

適用開始日

届出日の翌月から適用されます。
ただし、届出日が月の初日の場合はその月から適用されます。

保育料の免除

18歳未満の児童を3人以上養育している世帯で、4月1日現在3歳未満である第3子以降のお子さんが認可保育所、認証保育所、保育ママに在籍している場合、その年度の保育料が免除となります。

無料の範囲

  1. 認可保育所の延長保育料は有料です。
  2. 認証保育所は月220時間までの保育料が対象となり、入園料は有料となります。

保育料の停止

お子さんが、病気やけがによって長期に保育園を休む場合は、欠席届を提出すればその期間保育料はかかりません。
届け出には欠席届と診断書等が必要です。
なお、里帰り出産など保護者の都合による場合は、該当しません。

免除期間

届け出のあった日の属する月の翌月の初日(月の初日に届け出をした場合は当該月)から欠席理由のなくなった日の属する月の末日まで
※注釈1 欠席届は、1ヵ月単位で2ヵ月まで提出できます(2ヵ月以上休む場合は退園となります)
※注釈2 保育の停止の期間中は、保育園に登園することはできません

お問い合わせ

保育課入園相談係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)
電話:03-3802-3111(内線:3825)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る