このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

サービスの内容(障害児通所支援)

更新日:2018年12月14日

児童発達支援

日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与および集団生活への適応訓練を行います。

対象

  • 障がいのある未就学児
  • 通所による療育が必要な方

費用

所得に応じた自己負担がかかります。
(所属世帯の課税状況等により月毎の上限額、減免制度が設けられています)

窓口

障害者福祉課相談支援係  内線2685

医療型児童発達支援

肢体不自由児または重症心身障がい児を対象に、児童発達支援および治療を行います。

対象

肢体不自由があり、理学療法等の機能訓練または医療的管理下での支援が必要と認められる児童

費用

所得に応じた自己負担がかかります。
(所属世帯の課税状況等により月毎の上限額、減免制度が設けられています)

窓口

障害者福祉課相談支援係  内線2685

放課後等デイサービス

生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流の促進等の支援を行います。

対象

障がいのある就学児

費用

所得に応じた自己負担がかかります。
(所属世帯の課税状況等により月毎の上限額、減免制度が設けられています)

窓口

障害者福祉課相談支援係  内線2685

保育所等訪問支援

保育所等に出向き、通園する児童に対して、集団生活への適応に向けた専門的支援を行います。

対象

保育所、小学校等に通園・通学していて、専門的な支援が必要な障がいのある児童

費用

所得に応じた自己負担がかかります。
(所属世帯の課税状況等により月毎の上限額、減免制度が設けられています)

窓口

障害者福祉課相談支援係  内線2685

居宅訪問型児童発達支援

居宅を訪問して、日常生活における基本的な動作の指導、知識の習得、集団生活への適応訓練といった支援を行います。

対象

重度の障がい又はこれに準ずる状態で、児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイサービスを受けるための外出が著しく困難である障がい児

費用

所得に応じた自己負担がかかります。
(所属世帯の課税状況等により月毎の上限額、減免制度が設けられています)

窓口

障害者福祉課相談支援係  内線2685

お問い合わせ

障害者福祉課支援調整係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎1階)
電話:03-3802-3111(内線:2684)
ファクス:03-3802-0819

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る