このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

チャレンジャー基礎講座【食生活】

更新日:2019年5月22日

6月3日(日曜)、11日(月曜)に、東京大学医学部附属病院 病態栄養治療部 管理栄養士 関根里恵先生をお招きして、メタボ改善のための食生活のコツについて学びました。「食行動質問表」を使って、自分の食生活の「思い込み」や「くせ」を分析しました。
交流会では、まずは開会式で自分が設定した目標と行動計画の見直して、メモ用紙に書き出しました。その後、仲間とお互いに紹介し、知恵を出し合いました。

関根先生からのワンポイントアドバイス

減量の目標を決めましょう

1か月1キロ減らすには7000キロカロリーのエネルギーを消費する必要がある
1日あたりに換算すると、230キロカロリーの調整が必要となる

100kcalの目安を確認しよう

食事の場合

  • 米飯は65グラム(女性の普通盛りのおよそ半分)
  • ドーナツは3分の1個
  • ビールは250ミリリットル
  • 焼き鳥は1本 等

運動の場合

  • ジョギングは12分
  • 歩く(1分間に80メートル)は29分
  • 水泳は14分 等

小さな工夫でエネルギーを減らそう

  • ラーメンの汁を残す、鶏肉の皮をはがす、低脂肪牛乳にする
  • ドレッシングをノンオイルにする、菓子パンをロールパンにする

食物繊維たっぷりの料理で満腹感を

  • 野菜は1日350グラム以上を目標に食べる(写真参照)
  • 米飯に麦を混ぜる、全粒粉入りパンにかえる等

生野菜350グラムの写真
生野菜350グラムの目安

空腹感を感じているのは脂肪を燃焼している証拠

空腹感を感じた時の対処例は

  • 別の行動で気分を変える(例えば、歯磨きをする、散歩に出かける)
  • エネルギーの少ない食品を、間食として上手に利用する(ゼリー、0キロカロリーの飲み物等)

参加者の声

  • 体重を減らすには、食べる量を減らすだけでなく、カロリーや糖質、脂質を考える、また運動も大切だと改めて考えさせられました。
  • 肥満による健康障害がよくわかりました。少しでも肥満を改善したいと思います。
  • ごはんに麦を入れてよく噛み、時間をかけて食べることなど、色々と勉強になりました。
  • いただいた目盛付きお茶碗で食べ、100グラムに慣れてきました。
  • 「食行動質問表」で具体的に自分の食生活が分析できました。持ち帰り、家族にもやってもらいお互いに話し合いました。

会場の様子
食行動質問表に取り組む参加者

食行動質問表
記入された食行動質問表

フードモデル
1キロの体脂肪や野菜等の展示物

保健所栄養士の指導を受けて、食生活を改善しませんか(栄養相談)

曜日

毎週木曜 【予約制】

時間

午後1時30分、午後2時、午後2時30分、午後3時

申込

03-3802-3111 内線423栄養担当

お勧めの参考サイト

お問い合わせ

健康推進課
〒116-8507
荒川区荒川二丁目2番3号
電話:03-3802-3111(代表)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る