このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

あらかわ子さん【30歳 女性】5か月目のレポート

更新日:2019年10月29日

5か月目のチャレンジのトピックス

筋トレ@お家

6月から始めたお家での「BODYMAKE」というアプリを使用した筋トレも、毎日10種目10分ほどで続いています。
実施した筋トレメニューを、開会式の時、同じテーブルにいたメンバーと「みんちゃれ」で報告し合っています。
他のメンバーも、毎日筋トレや1万歩歩いた報告をして下さっているので、「私もやらないと」という気持ちにさせてもらってます。

筋トレ@ジム

毎週2回、通い続けています。
もともとは6か月限定だったのですが、「筋トレは一生続けるべし」というトレーナーの言葉や、筋トレを実施した後の爽快感が気持ちいいので、復職する来年5月まで延長することにしました。
「1足、2胸、3背中」のローテーションで実施しており、常にどこかしらが筋肉痛です。

食事管理

前回の報告で、「低糖質生活をお休み」とお伝えしておりました。
が、それ以降もなかなか低糖質(糖質1日50グラム以下)の生活に戻ることが出来ずに、ずるずると糖質摂取の生活(糖質1日多分300g以上)を過ごしていました。
今までと同じようにジムに通っているのに、体重が減らないところを見ると、やはり糖質を抑えるダイエットは非常に効果があるなと感じています。
「今日から頑張る」が口癖になってるこの頃、チャレンジ最後の1か月、糖質取りすぎ生活から脱して、今までの習慣を取り戻します

自分のチャレンジ(継続中と結果、改善策)

 
継続中のチャレンジ 結果 改善策
毎朝、毎晩、同じタイミングで体重測定 クリア  
1日2リットルのお水を飲む 飲めてません。やはり2リットルは意識しないと飲めない量。500ミリリットルのペットボトル水を大量に購入し、再チャレンジ 「みんちゃれ」でお水を飲むチームに所属します
食事は低糖質 できてない。「糖質は麻薬より中毒性がある」とのこと。低糖質の生活を1週間続けられたらペースが掴めるので、まずは1週間を頑張る ジムのトレーナーに食事の報告をします
苦手な有酸素運動はやらない クリア(笑)  
毎日最低5分の筋トレ クリア  
週2回のジム通い クリア  
番外編(モチベーションの維持) - 毎日見る手帳のP1目に、なりたい姿のイメージ写真を添付。目的を忘れるべからずですね

感想

昔のパンツだと落ちて来てしまうので、新しく服を買いに行って来ました。
64キログラムあった頃は、入るジーンズはほとんどなかったのですが、ユニクロのパンツはMサイズになってました。
この嬉しさを忘れずに、目標まで後少し頑張りたいと思います
目の前にある糖質多めの食事を摂って、後から後悔するストレスを抱えるよりは、痩せた自分をイメージして目の前の食事管理を出来るようにしたいです。
「頑張る、なんとかする」という気合論だけではなく、行動できるような仕組みを作っていきます。

修了式まであと約1か月となっての気持ち

もうあっという間に5か月が経過しましたね。
はっや(笑)」
最初は順調に行っていたのに、最後に停滞した報告で恥ずかしい限りです。
ダイエット・ボディーメイクは、「モチベーションの維持」が全てです。
最後は「モチベーションの維持」と言わなくても、食事管理と運動が「習慣化」していることが大切だなと感じてます。
ジムのトレーナーに言わせてみると「筋トレは歯磨きと一緒」ということだそうです(笑)。
確かにその境地まで行ければ、素晴らしいですね。
私は「年を取っても綺麗でいたい」という気持ちがあるので、あと1か月と区切りをつけず、今後ずっと、ずっと、ずっと食事管理と運動には気をつけていきたいと思います。

「仲間に伝えたいこと」と「教えて」

科学的に正しい筋トレ 最強の教科書】という本に、以下のことが書いてありました。

  • 筋トレは万能薬で、認知症やがんの予防、心臓疾患や脳卒中の予防など、様々な病気の予防に寄与している。
  • 筋トレは、病気の発生率を、だいたい2割ほど削減するデータもあるとか・・・。

衝撃的なデータも紹介されていました。

  • 筋トレが健康にいいことが分かっているのにも関わらず、今日筋トレを始めた人が1年後に続けている確率はなんと・・・「4%」

100人が始めたとすると、96人は脱落してしまうということですね。
「筋トレは健康にいい」とデータが証明しているのに、私たちの本能はどこまでもサボる方にプログラミングされていますね
この事実を頭に入れて、筋トレ(運動)と食事管理を続ける行動習慣を身につけていきたいですね。
皆さん、この「4%」に残れるように、今後も頑張っていきましょう。
「続ける工夫」お勧めがあったらぜひ教えてください。

測定結果

お問い合わせ

健康推進課保健相談担当
〒116-8507
荒川区荒川二丁目11番1号
電話:03-3802-3111(内線:432、434)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る