このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

東京女子医科大学東医療センター移転後の土地・建物を活用した病院整備に係る事業者を決定しました

更新日:2019年2月12日

病院誘致に至る経緯

荒川区内に所在する東京女子医科大学東医療センター(以下「東医療センター」という。)は、区内の医療病床数の約3 割を占める450 床の病床を有し、救急救命センターを有する三次救急医療機関であり、かつ、区内唯一の災害拠点病院として、地域の拠点病院の役割を担っていますが、平成33年度(2021 年度)中に他区へ移転することが決定しています。
こうした状況を踏まえ、東医療センター移転後も災害時の医療拠点を確保するとともに、地域の医療体制の維持・向上を図るため、現行の東医療センターの土地及び建物を区が取得等し、病院事業者に対して貸付けを行うことを予定しています。そこで、当該病院事業者を選定するため、提案事業者の公募を行いました。

事業者の選定について

決定した事業者

名称

社会医療法人社団 正志会
※注釈 荒川区内では「荒木記念東京リバーサイド病院」を運営しています。

代表

理事長 猪口 正孝

連携大学病院

日本医科大学付属病院 

選定方法

有識者等によって組織する「荒川区病院誘致選定委員会」において、提案書及びヒアリング内容を踏まえ評価を実施し、応募があった3事業者から選定しました。

委員会委員(10名)

  • 学識経験者・・・2名
  • 荒川区医師会・・・2名
  • 公認会計士・・・1名
  • 区職員・・・5名(副区長2名、部長級3名)

選定理由

選定した事業者については、以下の点で優位性が認められました。

全体事項

  • 早期の外来診療・入院診療の開始により、医療の空白期間の最小化を図る提案となっている。

医療機能

  • 地域の医療ニーズを踏まえた提案となっており、特に産科や救急医療について、実績ある区内病院や、ノウハウが豊富な大学病院との連携に基づく具体的な計画が示されている。
  • 連携先の大学病院と具体的な協議がなされており、専門人材の確保や人材育成の面も含め、高い水準での連携・協力体制の構築が見込まれる。
  • 法人グループ内で災害拠点病院の運営実績を有している。
  • 区内で病院を運営しており、地域の医療事情や区民の健康状況を熟知し、関係機関と円滑な関係を構築している。

施設整備等

  • 既存施設の有効活用を図り、最大限コスト低減を図る計画となっている。
  • 区に求める経費的な支援策について、自己負担を前提として、最小限に抑制を図る提案となっており、法人が責任を持って自立的に病院運営を行っていく姿勢がうかがえる。

その他

  • 地域の実情を熟知した強みを生かし、地域に貢献する意欲が感じられる。
  • 安定的な病院運営ができる経営基盤を有している。

今後の予定

平成30年度中 覚書の締結
平成32年度中 病院整備に係る協定の締結
平成33年度以降 東京女子医科大学東医療センター移転後、できるだけ早期に新たな病院を開設

公募の概要

対象施設の概要

所在地

東京都荒川区西尾久二丁目1番10号
(都電荒川線「宮ノ前」停留所まで約150m、徒歩約3分)

土地

敷地面積約5,500平方メートル

建物

 
名称 構造・規模 延床面積 建築年月
東病棟 SRC 造 11,643 平方メートル 平成16 年 4 月
地上6 階
地下1 階
外来棟 RC 造 4,612 平方メートル 平成10 年 8 月
地上4 階
地下4 階

現行の東医療センターの施設のうち、東病棟及び外来棟以外の建物は除却し、都市計画公園やオープンスペース等として整備を予定しています。

求める医療機能

荒川区が置かれている医療環境の現状を踏まえ、医療体制の維持・向上を図ること。特に、次の3つの観点から充実を図ること。

災害時の医療拠点の確保

200床程度の病床数を有し、災害時の応急医療活動の拠点となる災害拠点病院としての機能を確保すること。(200床を超える提案も可とする。)

地域の医療体制の維持・向上

内科、外科、小児科を始めとする外来診療や二次救急診療機能以上の救急医療等、質の高い医療を提供する地域の医療拠点としての機能を確保すること。
また、区内の医療機関はもとより、大学病院等と緊密な連携の上、地域医療体制の維持・向上を図ること。

健康づくりの拠点

急性期の治療から回復期の治療、リハビリテーション、在宅療養までの切れ目のない医療体制を確保する健康づくりの拠点としての機能を確保すること。

公募の経過

平成30年11月16日 公募要項の公表・配布、応募受付開始
平成30年11月26日 応募受付締切
平成31年1月9日 提案書提出期限
平成31年1月12日から1月14日 提案書に基づくヒアリングの実施

お問い合わせ

生活衛生課管理係
〒116-8502
荒川区荒川二丁目11番1号
電話:03-3802-3111(内線:422)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る