このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

地区別再開発事業概要 日暮里駅前地区

更新日:2013年4月1日

日暮里駅前地区(ひぐらしの里西・中央・北地区)

 当地区は、交通の要所であるJR山手線日暮里駅の駅前広場に面した位置にあります。周辺には、多種多様な布地が購入できる繊維問屋街があり、最近では、布地を求めてファッション関係の学生を中心に賑わっているものの、核となる施設建築物がないため、いま一つ街の活気がみられない状況でした。
 このため、新交通システム「日暮里・舎人ライナー」導入を契機として、当区の表玄関にふさわしい複合市街地の形成を目指して、3つの地区で連鎖的に市街地再開発事業が進められました。
 3つの再開発ビルと日暮里・舎人ライナー駅舎とは3階部分でデッキと接続し、回遊性と利便性、身障者用エレベーターによるバリアフリー化を実現しています。
 また、駅前の交通広場は、日暮里・舎人ライナーの新駅設置により、その機能の再編が行われました。
 区では、日暮里駅前を都内で初めてとなる、交通バリアフリー基本構想の重点整備地区に決定し、区の玄関口としてふさわしい、人にやさしい駅前周辺地区の整備を図っていきます。

都市再生整備計画

 平成18年度より、都市再生整備計画(日暮里駅周辺地区)を作成しました。

ひぐらしの里西地区

 3地区の中で最初に再開発事業への気運が醸成し、日暮里駅前地区のリーディングプロジェクトとして、建築工事に着手しました。平成19年5月に竣工し、福祉に配慮した身障者用エレベーター及びデッキとの接続で駅へのバリアフリーを実現しました。

ひぐらしの里中央地区

 3地区の中で最も街区が大きいことから、核となる商業施設を導入した他、都の公益施設及び区の公共自転車駐車場を併設し、平成20年2月に竣工しました。

ひぐらしの里北地区

 西地区、中央地区の再開発が展開される中で、隣接する当地区にも気運が広がり、3地区の中で最短で再開発組合が設立され、平成21年10月に竣工しました。

関連PDFファイル

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

防災街づくり推進課 再開発係 日暮里地区担当
電話:内線2833

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る