このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

都電荒川線スタンプラリーを開催します

更新日:2017年8月1日

都電スタンプラリーポスター

都電荒川線沿線をめぐるスタンプラリーを開催します。都電荒川線沿線の9施設をめぐり、スタンプ帳のビンゴページにあるマス目にすべて押印し、応募いただくと、抽選で各区のオリジナルグッズが各5名当たります。また、3列もしくは2列揃えた方にも抽選で交通局グッズが当たります。 

夏休み期間に開催されますので、ご家族・ご友人等と一緒に、都電に乗ってのんびりまちあるきを楽しんでみませんか。

開催期間

平成29年8月1日(火曜)から9月24日(日曜)まで

実施内容

  • スタンプは、都電荒川線の沿線施設9か所に設置されています。(下記参照)
  • スタンプ帳は、スタンプ設置場所及び都営地下鉄駅等で配布しています。
  • 1つのスタンプで、案内ページとビンゴページの2か所に押印してください。
  • ビンゴページで全部押印された方、また、3列揃えた方、2列揃えた方は、プレゼントの抽選に応募することができます。
  • プレゼントの抽選に応募される方は、スタンプ帳にある応募用紙に必要事項を記入のうえ、各スタンプ設置場所にある応募専用箱に投函して下さい。

※注釈 都電の乗車料金は、大人170円、小児90円です(ICカードを使用すると大人165円、小児82円)。なお、一日乗車券(400円)を購入すると何度でも途中下車でき、お得です。

スタンプ設置施設

スタンプ設置施設及び休館日
  スタンプ設置施設 開館時間 スタンプラリー期間中の休館日
1 荒川ふるさと文化館(荒川区) 午前9時30分から午後5時まで 月曜(祝日・振替休日の場合は開館、翌日振替休館)
2 あらかわ遊園(荒川区) 午前9時から午後5時まで
(8月の日曜は雨天を除き、午後6時まで)
9月5日、12日、19日
3 荒川電車営業所 午前7時から午後7時まで なし
4 北とぴあ(北区) 午前8時30分から午後10時まで 8月13日
5 北区飛鳥山博物館(北区) 午前10時から午後5時 月曜(祝日の場合は開館、翌日振替休館)
6 豊島区役所1階 総合案内横
(豊島区)
平日/午前8時30分から午後5時15分
土日/午前9時から午後5時
なし
7 雑司が谷案内処(豊島区) 午前10時30分から午後4時30分まで 原則毎週木曜
8 甘泉園公園管理事務所(新宿区) 午前7時から午後7時まで なし
9 西早稲田地域交流館(新宿区) 午前9時から午後6時まで なし

スタンプ帳配布場所

  • 各スタンプ設置施設
  • 都営地下鉄各駅(押上、白金高輪、白金台、目黒、新宿線新宿を除く)

にて配布しています。なお、スタンプ設置施設に関しては、休館日等もございますのでご注意下さい。

賞品

全9ポイント押印達成

A.荒川区あら坊と俳句のまちあらかわセット賞・・・5名様
(あら坊・あらみぃぬいぐるみ、あら坊ティーシャツ、ハンドタオル、俳句のまちあらかわメモ帳、ボールペン、都電荒川線ポストカード)
B.北区飛鳥山賞・・・5名様
(大人の一筆セット、紙の博物館金唐革紙しおり、北区飛鳥山博物館ミュージアムバック)  
C.豊島区国際アート・カルチャー都市としま賞・・・5名様
(ふくろうブローチ、すすきみみずく、みみずく風呂敷、さくら鉛筆)
D.夏目漱石と染のまち・新宿セット賞・・・5名様
(漱石と猫 一筆箋、漱石と猫 クリアファイル、“粋”な「トートバッグ-江戸小紋-」)

ビンゴ3列達成

E.東京都交通局賞・・・30名様
(都電シートモケットクッション、2018年度版東京さくらトラムカレンダー、”思い出の花電車”ジグソーパズル)

ビンゴ2列達成

F.とあらん賞・・・800名様
(東京さくらトラムクリアファイル、入浴剤)

主催等

主催:都電荒川線沿線4区地域活性化協議会(荒川区、北区、豊島区、新宿区、東京都交通局)

お問い合わせ

東京さくらトラム(都電荒川線)スタンプラリー事務局(東京新聞内) 電話:03−6910−2377(受付時間:午前9時から午後5時まで)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る