このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

都電荒川線100周年実施事業

 
 都電荒川線は、平成23年8月に開業100周年を迎えました。区民の皆様の生活に根ざし、長きにわたり親しまれている都電荒川線。今では、沿線を彩るバラとともに、多くの人が訪れる区の大きな魅力の一つとなっています。
 荒川区では、区独自に、また沿線4区及び東京都交通局からなる記念事業実行委員会として、100周年を記念した様々な事業を行いました。

都電荒川線100周年記念のロゴが出来ました
都電荒川線100周年記念のロゴが出来ました

下町都電ミニ資料館内に花電車がやってきました

 館内に設置されたGゲージ模型に新型車両が登場しました。

 都電100周年を記念して期間限定で復活した「花電車」をGゲージで再現しましたので、ぜひ、あらかわ遊園下町都電ミニ資料館で動かしてみませんか。

第12回荒川区観光ボランティアと行く「都電で巡る荒川下町」が行われました

 観光ボランティアガイドが、三ノ輪橋停留場から都電荒川線に乗って、途中下車しながら、沿線のスポットを案内する「都電で巡る荒川下町」が行われました。参加した方々は、あらかわ遊園や尾久八幡神社などを訪れ、大いに沿線観光を楽しんでいました。

都電荒川線沿線絵画コンテストの入賞作品を公開しています

 都電・町並み・下町人情・ といった風景を描く都電荒川線沿線絵画コンテストの入賞作品を公開しています。是非、ご覧下さい。

下町都電ミニ資料館内の都電模型(Gゲージ)が走るようになりました

  館内には、現在、都電荒川線を走っている手作りの都電模型(Gゲージ)、東京都交通局から提供された昔懐かしい都電関連品、その他、鉄道模型各種(HO、Nゲージ等)を展示しています。その中の都電模型(Gゲージ)が走るようになりました。
 是非、お越し下さい。

 

都電100周年記念「都電荒川線沿線絵画コンテスト入賞作品展」が開催されました

 都電荒川線100周年を記念し実施した都電荒川線沿線絵画コンテストの入賞作品の展示を行いました。

展示場所・日時

(1)都庁南展望室(都庁第一本庁舎南塔45階)
 平成23年12月21日(水曜)から27日(火曜)午前9時30分から午後5時(26日は午後11時まで)

(2)都電荒川線9002号車(青いレトロ車両) 
 平成23年12月21日(水曜)から平成24年1月31日(火曜)

花電車が展示されました

 都営交通100周年を記念して10月に運行していた花電車が、クリスマスの装飾を施して荒川車庫に再登場しました。
 当日の様子はこちら。

「貸切都電で行く 荒川区観光ツアー」が行われました


 貸切電車に乗ってあらかわ遊園や荒川ふるさと文化館を訪れ、都電に関する展示をご案内する「貸切都電で行く 荒川区観光ツアー」が行われました。当日は天候にも恵まれ、参加した方々は、沿線観光を楽しんでいました。

都営交通100周年記念 都電荒川線の花電車が運行されました 

 都営交通が平成23年8月1日に創業100周年を迎えました。
 これを記念し、昭和53年以来33年ぶりに花電車が運行されました。
 花電車のデザインは、都営交通100周年を祝うバースデーケーキをイメージしたものです。夜にはろうそくの部分に明かりがともり、一層華やかになりました。
 運行日には、花電車を見ようと多くの方が訪れ、歓喜の声があがっていました。

  • 関連情報

 花電車の写真はこちら (クリックするとページが表示されます)

都電荒川線沿線ウォークラリーが開催されました

 参加者が都電荒川線を利用し、あらかじめ設定したルートを巡り、指定したチェックポイント(4ヶ所)でスタンプを押しながらウォーキングする「都電荒川線ウォークラリー」が10月29日(土)に行われました。
 今年は天候にも恵まれ、秋晴れの中多くの方がウォークラリーを楽しんでいました。

都電荒川線100周年記念 商店街イベントが開催されました

都電荒川線100周年を記念しまして、都電荒川線沿線の7つの商店街で、記念の大売出し・都電ブランドグッズが当たる抽選会等のイベントが10月28日(金曜)から11月6日(日曜)にかけて開催されました。

都電荒川線100周年記念事業 平成23年度荒川ふるさと文化館第1回企画展「都電荒川線に乗って」が開催されました

 都電荒川線が、平成23年8月20日に開業100周年の節目を迎えたことを記念して、荒川ふるさと文化館では、11月3日(木曜)から12月11日(日曜)まで、荒川区のシンボルでもある都電荒川線とその前身である王子電気軌道に関する企画展「都電荒川線に乗って」が開催されました。
 「王電」こと王子電気軌道は、明治44年(1911)8月20日に大塚―飛鳥山間が開通し、大正2年(1913)4月1日に三ノ輪―飛鳥山下間が開通しました。
 区内沿線には、寺の湯や荒川遊園といった娯楽施設、尾久ボート場といったスポーツ施設が開業し、三河島汚水処分場(現三河島水再生センター)や火葬場などの公共施設がありました。
 王電とこれらの施設は、互いに影響しあいながら、運営され、時に電車はこれらの施設へ向かう人びとの足となりました。

 本展示では、王子電気軌道と沿線地域の日常生活に溶け込んだ都電荒川線の歩みと、時代を彩った沿線の風景が紹介されました。

第24回都電荒川線写真コンテストと都電絵手紙コンテストの作品展が開催されました

 ACC(財)荒川区地域振興公社では、「第24回都電荒川線写真コンテスト」と都電荒川線100周年記念「都電絵手紙コンテスト」の作品展が開催されました。

展示期間:平成23年12月3日(土曜)から12月11日(日曜)まで
展示場所:町屋文化センター2階ふれあい広場
お問合せ:03-3802-7111

都電100周年記念特設ホームページが開設しています

 東京新聞が都電荒川線100周年記念に関連した沿線各区のイベント等を掲載しています。是非、ご覧ください。

都電サミットを開催しました

 荒川・北・豊島・新宿の各区長、東京都交通局長によるパネルディスカッションやなぎら健壱氏によるトークショーが行われ、多くの方々が訪れました。

切り絵と模型で巡る都電沿線風景展を開催しました 

 切り絵作家の稲葉祐吉氏の切り絵43作品と都電荒川線の模型が展示され、訪れた方々は熱心に見入っていました。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

都電荒川線情報

  • 観光情報あらかわカラカルト
  • 施設案内

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る