このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

あらかわを知る

更新日:2016年4月1日

荒川区のあらまし【情緒ある、生活のしやすいまち】

地勢
荒川区は東京都の北東部に位置し、台東・文京・北・足立・墨田の各区に隣接しています。面積は10.16平方キロメートル。
荒川区は東西に長く、その大部分は起伏が無く平坦ですが、南西部に山手台地の一部があり、区の北東部を迂回するように隅田川が流れています。

日本における荒川区の位置の画像

荒川区は、鳥が姉を広げて翔ぶ形をしているんだ。南千住・荒川・町屋・尾久・日暮里、それぞれの地域は、どこも魅力も見所もいっぱい!僕は荒川区のマスコットキャラクター「あら坊」。水陸両性の僕は隅田川で生まれたんだ。ヨロシクネ。

関連情報

歴史【歴史と文化の香るまち】

縄文・弥生の原始時代には、荒川区の地域は大部分が海で、日暮里の台地だけが陸地となっていました。日暮里の台地からは道灌山遺跡や日暮里延命院貝塚も発見され、当時集落があったことが確認されています。
江戸時代には、日光道中初宿の千住宿が置かれ往き交う人でにぎわいました。また、近郊農村地帯として発展し、汐入大根・荒木田大根・三河島菜(漬け菜)・谷中しょうがなどが有名でした。明治時代になると大工場が相次いで設立され、工業地帯が形成されていきました。大正2年には王電(のちの都電)三ノ輪から飛鳥山下(現在の栄町)が開通し、関東大震災後、官営工場千住製繊所と宅地化が進みました。南千住・三河島・尾久・日暮里の四つの町が一つになって荒川区が誕生したのは昭和7年のことです。

文化財・史跡【古え人とのコミュニケーション】

荒川区は陸・海の交通拠点、戦略上の要所として栄えてきました。特に江戸時代には、日光道中が通り、千住大橋の南詰から芭蕉が旅立ちました。区内には先人が残した文化財や史跡がたくさん残っています。また、古い神社には、庚申塔や板碑・文学碑などの石造物が数多く残されています。

隅田川

歴史を育む静かな流れ
区の北東部を流れる隅田川は、昭和39年までは荒川と呼ばれ、これが区名にも採用されました。隅田川というのはこの荒川下流部(白鬚橋あたりから)の呼び名だったのです。
現在の河川法の施行後、荒川放水路を荒川とし、荒川放水路との分岐点となる岩淵水門(北区)から下流を隅田川としたのです。沿岸にはサクラソウやレンゲの花が咲き乱れ、庶民の憩いの場として親しまれてきました。
近年は、水運が陸路に代わり、さらに洪水を防ぐための壁のようなコンクリートの護岸堤防が川の存在を隠してしまったため、人々の生活は、しだいに川と縁遠くなってしまいました。そこで現在、人々と隅田川との豊かな関係を回復するため、スーパー堤防の整備や水辺と調和した環境整備などが進められています。

都電荒川線路沿いのバラ

育てよう 咲かせよう 都電のバラ
「荒川区の顔」となっている都電の沿線では、バラの植栽を行っており、花の時期にはおよそ1万3,000本のバラが咲き乱れます。一部のバラは区民のボランティアグループ「荒川バラの会」による手入れがなされており、区と区民が協働で都電沿線のバラ街道づくりに取組んでいます。

日暮里・舎人ライナー

日暮里・舎人ライナーの開通
日暮里駅周辺では、中央・北・西の3地区で市街地再開発事業が進められ、平成20年3月30日に日暮里・舎人ライナーが開業しました。日暮里駅から見沼代親水公園駅を9.7キロ(所要時間約20分)で結ばれています。
駅は全部で13駅あり、荒川区は日暮里駅・西日暮里駅・赤土小学校前駅・熊野前駅の計4駅です。

成田スカイアクセス

成田スカイアクセスが開業
平成22年7月17日、成田新高速鉄道「成田スカイアクセス」が開業しました。成田スカイアクセスは、京成日暮里駅から成田空港間を36分で結び、今後一層、都心側のターミナルである日暮里駅が、国際的な玄関口として世界各国とつながっていくことになります。

都電荒川線

都電が走る、わがまち あらかわ
三ノ輪橋から早稲田を走る都電荒川線は、荒川区を約4キロメートルにわたって横切り、区内を東西に移動するのに最適な交通機関です。都電は、昭和30年代から急速に増え始めた自動車や地下鉄網の発達などで利用客が減少し、つぎつぎに路線を廃止。この荒川線だけが廃止されなかったのは、路線の大部分が専用軌道であり、沿線住民の熱心な存続要請があったことがあげられます。

つくばエクスプレス

つくばエクスプレス
つくばエクスプレスは、秋葉原からつくば間58.3キロメートルを最速45分で結ぶ高速鉄道で、平成17年8月24日に開業しました。
車両及び駅舎は、より多くの方が快適に、かつスムーズに移動できるような、ユニバーサルデザインによる設備を取り入れています。また南千住駅は、周囲を流れる隅田川をモチーフとした、「21世紀の流れ」をデザインコンセプトとして、流れや風をイメージした曲線のデザイン表現を生かした地下駅です。
南千住駅は、JR常磐線、東京メトロ日比谷線の乗換駅として、また東口ドナウ広場に乗り入れる3系統の都バスや、西口広場から区内を循環するコミュニティバス「さくら」と接続するなど、交通の拠点となっています。

地下鉄

荒川区内には、東京メトロ千代田線、日比谷線が走ります。
千代田線西日暮里駅・町屋駅からは大手町・日比谷・霞ヶ関・表参道へ、日比谷線南千住駅からは上野・秋葉原・銀座・日比谷・六本木・恵比寿へ乗り換えなしでアクセスできます。

コミュニティバス・都バス

コミュニティバスさくら・汐入さくら・町屋さくら

 荒川区コミュニティバスは、荒川、南千住西部地域を中心に運行する「さくら」と、南千住東部地域を運行する「汐入さくら」、町屋地域を運行する「町屋さくら」が運行しています。ノンステップ低床式で乗り降りしやすく、車いすとの共用席を設けるなど、だれもが利用しやすいバスです。
 ぜひ、ご利用ください。

都バス

荒川区内を14系統の都バスが走っています。
荒川区から、東京駅、秋葉原駅、上野駅、田端駅、巣鴨駅、池袋駅、御茶ノ水駅、王子駅、亀戸駅、錦糸町駅、北千住駅などの駅へアクセスできます。
また、土・日曜、休日のみ、東京スカイツリー経由の都バスが運行されています。

あらかわをもっと知る

荒川区観光大使

荒川区では区に縁のある著名な方々を「荒川区観光大使」として任命しています。
平成19年1月に任命し、4名の方々が「荒川区観光大使」として活躍しています。

城戸真亜子さん
南千住在住の洋画家。汐入地区に、水と音楽と音の妖精をモチーフにデザインしたカラフルなオブジェを制作。

井崎脩五郎さん
西尾久出身の競馬評論家・タレント。尾久第六小学校卒業・第七中学校に2年生まで在学。

三遊亭好楽さん
西日暮里在住の落語家。お子さんも落語家で弟弟子の王楽さん。

片岡鶴太郎さん
西日暮里出身の俳優・画家で、真土小学校(現ひぐらし小学校)・第十中学校(現諏訪台中学校)卒業。

荒川区区民栄誉賞

区民栄誉賞は、荒川区内に住んでいる方や住んでいた方、あるいは荒川区内の団体で、その業績がすばらしいと認められた方を顕彰するものです。

区民栄誉賞受賞者

  • 植村和堂さん(書家)
  • 北島康介さん(オリンピック水泳金メダリスト)
  • 牧野徑太郎さん(詩人・小説家)
  • 松本源之助さん(江戸里神楽土師流家元)
  • 山崎敏光さん(東京大学名誉教授)
  • 吉村昭さん(作家)

荒川区シンボルキャラクター

こんにちは「あら坊」です。

ぼくの名前はあら坊。
荒川区のまちをあちこち、お散歩するのが大好きな男の子です。
特技は誰とでもすぐ友達になれることです。
あと、もんじゃを焼くことです。
よろしくね。

こんにちは「あらみぃ」です。

私の名前はあらみぃ。
あらかわ遊園で遊ぶことや、おしゃれをすることが大好きな女の子だよ。
特技は、バラをきれいに咲かせることと、人を笑顔にすること。
よろしくね。

お問い合わせ

広報課広報係
荒川区荒川二丁目2番3号
電話:03-3802-3111(内線:2132)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

ようこそ荒川区へ

  • 観光情報あらかわカラカルト
  • 施設案内

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る