このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

〜力〜

 力動感あふれる像を集めてみました。区内に6体。肉体美・像の存在感にふれてみてください。
 「プール」は神野義衛(じんのよしえ)氏により制作され、荒川図書館の入口に設置されています。 若さのみなぎる均整の取れた裸身の青年は、プールのバーに背中を持たせかけて前方を見つめています。青春の一瞬を切り取ったかのような、美しさが印象的な作品です。
 「Black Gaze1(邦訳名:黒い視線)」は荒川区役所前の荒川公園に設置されており、制作者である青野セクウォイア氏は、東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻を修了し、修了制作のこの作品で第2回荒川区長賞を受賞しました。
 「太田道灌騎馬像」は僧侶であり彫刻家であった橋本活道(はしもと かつどう)氏の作品で、道灌にゆかりの深い地である日暮里(日暮里駅東口)に設置されています。今にも道灌が動き出しそうな勢いのある作品となっています。
 「闘うデボラ」が日暮里駅前の交番がある通りを繊維街へ向けて歩いていくと、尾久橋通りの交差点手前にあります。どこか変わったかたちをしたこの「闘うデボラ」は岡村謹史氏の作品です。
 日暮里南公園の「躍動の像」は太田道灌を作った橋本活道(はしもと かつどう)氏の作品です。力強い作品になっています。夏には像の下で子供たちが水遊びをしています。
 「飛翔」は西日暮里5丁目交差点付近に設置されています。これは荒川区の顧問である平野千里氏の作品で「力強さ」や「知恵」、「思いやり」を表現している童子像に、未来を担う子供たちへの成長への願いがこめられています。

力の彫刻 プール 太田道灌騎馬像 躍動の像 Black Gaze T 闘うデボラ 飛翔
力をテーマとした彫刻
彫刻No 彫刻名 制作者 設置場所 住所 材質等 大きさ(H*W*D)
17 プール 神野義衛 荒川図書館(入口) 荒川4-27 石膏 1790×430×480
58 Black Gaze 1 青野セクウォイア 荒川公園 荒川2-2-3 黒大理石 1200×750×1200
44 太田道灌騎馬像 橋本活道 日暮里駅前 西日暮里2-19 ブロンズ 4000×4000
34 躍動の像 橋本活道 日暮里南公園 東日暮里5-19-1 ブロンズ -
39 闘うデボラ 岡村謹史 日暮里中央通り 東日暮里5-50 黒花崗岩 1820×390×340
46 飛翔 平野千里 西日暮里5丁目交差点 西日暮里5-13 ブロンズ 1800×1500×1000
力の彫刻マップ 17 34 39 44 46 58
本文ここまで

サブナビゲーションここから
  • 観光情報あらかわカラカルト
  • 施設案内

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る