このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
荒川区
  • トップページへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・衛生
  • 生涯学習・文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 仕事・産業
  • 区に関する情報

サイトメニューここまで

本文ここから

平成23年度荒川区青年団体リーダー研修会(釜石市)

更新日:2012年7月27日

荒川区の青年事業のひとつである「リーダー研修会」は、青年団体の活動の活性化と、青年リーダーの資質向上をはかることを目的とし、近隣の市町村など様々な地区の青年団体や青年たちと交流し、研修を行う事業です。
今年度は、新規ウインドウで開きます。成人の日のつどいの中で行われた企画「1,000人の祈り〜千羽の鶴に想いを込めて」を受けて、以下のような事業を行いました。

※「1,000人の祈り〜千羽の鶴に想いを込めて」について
・・・東日本大震災の被災地を想いながら、約1,000人の成人式式典来場者に折ってもらった鶴を回収し、実行委員が「希望」の鶴文字に仕立てました。千羽鶴ではなく、鶴文字にすることにより、メッセージ性とデザイン性を高めました。

実施概要

目的

成人の日のつどいで来場者が折った約1000羽の鶴を「希望」の鶴文字に仕立て、東日本大震災の被災地であり、荒川区と災害時相互応援協定を締結している釜石市に贈呈するとともに、現地の青年たちとの交流や被災地の現状を学ぶことを通じて、参加者の意識と資質の向上を図りました。

実施日

平成24年3月21日(水曜日)〜22日(木曜日)

参加者

  • 平成24年成人の日のつどい実行委員 7名(全14名)
  • 青少年委員 2名
  • 社会教育課職員 3名

実施内容

釜石市の被災地視察

釜石市職員の案内で、バスで被災地を視察しました。1年たった今もまだまだ残る被災の状況に、参加者は真剣な目で見入り、バスの中では活発な質問が飛び交いました。

視察先

  • 釜石市防災センター
  • 両石、箱崎、鵜住居(うのすまい)地区
  • 釜石東小学校、鵜住居小学校
  • 唐丹(とうに)小学校
  • 唐丹小・中学校 仮校舎

釜石市新成人との交流会

釜石市の新成人6名との交流会が開かれ、同世代の青年同士、有意義な交流を持つことが出来ました。
荒川区からは、成人の日のつどい実行委員長による三味線演奏のサプライズも行われました。

鶴文字の贈呈

成人の日のつどいで作成した「希望」の鶴文字と、参加できなかった実行委員のメッセージも含めた釜石市へ向けたメッセージボードを贈呈しました。

研修会

釜石市職員の方に講師をお願いして、研修会を実施しました。
テーマは「震災後の釜石市のまちづくりについて」。もう二度と津波の被害にあわないよう、様々な調査と工夫を凝らして町の再興を進めている姿に、参加者も刺激を受け、「自分たちは何ができるのか」と考え始めたようです。

お問い合わせ

生涯学習課 生涯学習事業係
〒116-8501
荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎3階)
電話:03-3802-3111(内線:3354,3355)

本文ここまで


以下フッターです。

荒川区役所

区役所交通案内

〒116-8501 東京都荒川区荒川二丁目2番3号 電話:03-3802-3111(代表)
Copyright © Arakawa City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る